色留袖で結婚式に出席してみよう。ドレスとは違って華やかになりますよ♥

8,085 views

ドレスで結婚式に参列したことある人は多いと思いますが、着物で参列したことはありますか?

なかなかいらっしゃらないと思います。着物を持っている方もごくわずかなのではないでしょうか。

結婚式に着物で参列するのも華やかになり、日本女性として素敵だと思います。

結婚式に着用する着物は留袖と訪問着がよいとされています。留袖には黒留袖と色留袖があります。着物についてちょっとしって素敵に着こなし、ワンランク上の女性になりましょう。



黒留袖と色留袖とは。

既婚女性の着用する中では、最も格式の高い着物で、振袖の袖を落としたものを留袖とよびます。全体が黒のものを黒留袖、色で染めてあるものを色留袖と言い、身内の結婚式に出席する際などに着用します。黒留袖は既婚者のみの着用になりますが、色留袖は未婚者でも着用できます。(コトバンクより)

結婚式以外にも、子供の七五三、入学式、卒業式等、留袖を着れる機会は多いかと思います。色留袖というだけあって、模様や色は様々あります。若い子が着て可愛いなと思うものも多いですよ。

色留袖と訪問着の違いってなに??

目に見えての違い=
「訪問着」は広げると一枚の絵のように柄がつづいているデザインの着物です。
ちなみに「付け下げ」は一見、訪問着のように見えますが、よく見ると掛け衿と身頃の柄がつづいていません。
色留袖=留袖は席に座ったときに、卓の上から見える上半身には絵柄が無いものを指します。
ちなみに既婚者の礼装は
①第一礼装=五つ紋つき留袖(黒は招待する側。色留袖は招待される側)
②準正装=一つ紋の色留袖・一つ紋の訪問着・三つ紋の色無地や江戸小紋
③略礼装=一つ紋の色無地や江戸小紋・紋無しの訪問着や付け下げ
*三つ紋の色留袖は①と②の中間の格です。(ヤフーより)

素人だと文章を読んだだけでは、なかなか分からないですが、写真で比べてみると違いますよね。訪問着は若々しく可愛い感じがしますが、色留袖はかわいらしさの中に落ち着いた感じがしますね。

ピンクとパープルの留袖

淡いピンクは優しくて上品なイメージがしますね。派手すぎないピンクは幅広い年代で着られると思います。
絵柄が華やかだとかわいらしくなりますね。

パープルはフェミニンですね。上品で格式が上の様な感じがします。
大人っぽくなると思います。

グリーンとブルーの留袖

やさしい緑の地色に菊や杜若などの様々な花と金の雲取りが描かれた色留袖です。帯は白地のかわいらしい味わいがあり、清楚な雰囲気を感じます。
グリーンは優しい色から渋めの色まであり、金色との相性が良いので結婚式にピッタリだとおもいますよ。

ブルー系はとてもさわやかな印象になりますね。パステル色のブルーは若々しさもでます。末が無く着れる一着だと思います。

イエロー

イエローやクリームなどの色合いも温かみがあって素敵です。
女性らしいパステルカラーが結婚式に華を添えます。

パステルカラーの淡い色合いは日本人女性の肌にも合い、鶴、扇や松竹梅など縁起の良い柄も加わって上品さが際立ちます。着物は誇り高き日本の文化で、女性にとって素晴らしい衣装です。

今では成人式の振袖は要らないから留袖を買ってほしいという若者もいるそうです。意外と可愛くて来てみたいなって思える留袖もあったんじゃないでしょうか。たまには、きもので結婚式に参列してみてはいかがでしょう。着物を着ているだけで周りの友人よりもワンランクもツーランクも上に見えますよ。

 

 

こんな記事も読まれています



シェア