自分には関係ないと思っていませんか?知っていて欲しい帝王切開!

2,858 views

妊娠してみんながみんな普通分娩、自然分娩が出来るって思っていませんか? 自分には関係ないと思っていてもするかもしれませんよ。 その為にも帝王切開のことを知っていてください。



帝王切開とは

お母さんか赤ちゃんのどちらかに問題が起こり普通分娩、自然分娩が難しいときに選択されます。
お母さんのお腹を切って赤ちゃんを取り出します。
今では妊婦さんの5人に1人は帝王切開なんですよ。
結構多いですよね。

予定帝王切開

まずは予定帝王切開が行われる場合としては
○逆子のとき
○多胎妊娠
○赤ちゃんの頭がお母さんの骨盤に比べて大きかったとき
○前置胎盤といって胎盤が子宮の出口をふさいでいる時
などがあります。
あらかじめ分かっているので37週から38週くらいに行われます。

緊急帝王切開

緊急帝王切開が行われる場合は
○胎児機能不全
○常位胎盤早期剥離
○妊娠高血圧症候群
などがあります。
緊急なのでほんとうにその日に行われることが多いですよ。

帝王切開の流れ

予定帝王切開の場合は前日の夜から飲食が禁止になります。
麻酔により気持ち悪くなって吐いてしまったりしないようにです。
当日は点滴、導尿などをし、血圧計や心電図をつけられたりします。
そして麻酔です。
麻酔も病院によっていろいろと違うようです。
予定帝王切開の場合は脊椎麻酔、硬膜外麻酔、腰椎麻酔など意識がある麻酔が多いです。
緊急帝王切開の場合は全身麻酔になったりもします。
そしてお腹のまずは外側の皮膚を切り、次に子宮を切り赤ちゃんを取り出します。
切る方向は帝王切開になった理由にもよりますが、基本的には傷が見えにくいように横向きに切ってもらうことが多いですよ。
赤ちゃんを取り出したあとは胎盤を出し、次に子宮とお腹を縫えば手術はおしまいです。
最近はとける糸をつかっている場合も多くあまり抜糸はおこなわれないみたいです。

最後に

帝王切開はなにかしらお母さんや赤ちゃんに問題が起こったからするんですよね。
でも心無い噂を耳にしてしまうことも多いんです。
そんなことない!と普段なら笑って流せる言葉でもナイーブになっている産前産後には落ち込んでしまうこともあります。
パパや周りの人の配慮も必要ですよ。
陣痛がないから痛くないなんてことも言われたりしますが手術なんですから手術後は痛いんですよ。
出産方法よりも母子ともに安全に出産を終えることの方が大事だと思います。

こんな記事も読まれています



シェア