帝王切開の基礎知識。自然分娩との違いも解説

2,095 views
Mother holding sweet baby boy

初めての出産。わからないことや、心配なことがたくさんあります。

帝王切開とはよく聞きますが、どういう状態のときに帝王切開になるのでしょうか?

また自然分娩とはどう違うのかなど、帝王切開についてまとめてみました。



帝王切開とは

帝王切開とは妊娠中の状況でママか赤ちゃん、もしくは両方に問題が起きたことで自然分娩での出産が難しくなることがあります。
医師の診断を元に選択される出産方法のひとつです。
ママのお腹を切開し、子宮から直接赤ちゃんを取り出す手術になります。
昔と違い現在の出産現場では、帝王切開での出産もスタンダードな出産方法になっています。
20年前に比べると、帝王切開での出産を経験する人は約2倍に増え、出産する妊婦さんの5人に1人は、この方法で出産しています。

帝王切開になる状況

帝王切開になる状況は、出産前から手術の日程を組んで出産する予定帝王切開と、自然分娩の最中に問題が生じることで急遽帝王切開に切り替えることになる緊急帝王切開とがあります。
予定帝王切開になる場合、逆子・双子以上の妊娠・前置胎盤などの理由があります。
いずれにしても赤ちゃんが産道を通って生まれてくるのに困難な状況にあるということです。
逆子の場合は、出産前までに赤ちゃんが正常な位置に戻ることができれば、自然分娩に切り替わることもあります。
緊急帝王切開の場合は、胎児機能不全・胎盤早期剥離・微弱陣痛などが理由です。
場合によってはママ・赤ちゃんともに命の危険にさらされてしまう事もあります。医師の指示に従い迅速に対応したいものです。

帝王切開のメリット

予定帝王切開の場合は、自分で手術の予定日を組むことができます。
家族の都合に合わせて出産をすることができるので、旦那さんや家族も病院へ足を運ぶことができます。
また日にちが決まっているので、気持ちの整理ができ落ち着いて出産に臨むことができます。
入院前にしておきたい準備なども、余裕を持ってできます。
また帝王切開は陣痛を感じる前に手術を行い、術中は麻酔が効いているので痛みを伴うことがありません。時間通りに始まり、時間通りに終わるのも帝王切開のメリットです。

帝王切開のデメリット

帝王切開の場合は、普通分娩に比べ数日入院が長引きます。
開腹手術を行うためにお腹に傷が残り、また母体の回復も自然分娩で出産した妊婦さんよりも遅くなります。
お腹の傷が痛んだり、出産後すぐは歩くことができない、お風呂に入れないなどのデメリットもあるようです。
また自然分娩での出産に比べると、出産費用も少し高額になります。
高額療養費の対象になったり、医療保険が適応されたりするケースもあるので、ぜひ活用しましょう。

次の出産

1度帝王切開をすると、次の出産の陣痛の際に傷口が開いてしまう恐れがあり、子宮の破裂で母子ともに危険な状態に陥ってしまうこともあります。
それを避けるためにも、2度目以降の出産も帝王切開を勧める産婦人科も多いようです。
しかし中には2度目以降の出産を自然分娩できるような取り組みをしている産婦人科もあります。
出産するママに自然分娩の意向があるのではれば、産院選択の際に考慮してみましょう。

 

こんな記事も読まれています