妊娠中にペットがいても大丈夫?!妊娠中でも子育て中でもペットと暮らす為に大事なこと!

75 views

妊娠中や赤ちゃんがいるのにペットがいると良くないなんて言われませんか?またつわりなどで寝込んでしまったときにはペットのお世話をどうしたら良いか?など心配なことがたくさんあると思います。妊娠をきっかけにペットを手放す人もいるようですがペットも人間と同じ命を持った生き物です。なるべく手放すことはせずに生涯を共にするのが飼い主としての責任。

ここでは、妊婦さんでも赤ちゃんがいてもペットと楽しく暮らす為に知っておいて欲しいことをまとめました。

気を付けたい感染症

妊娠中に感染してしまうと胎児にも影響が出てしまうことで気を付けたいのがトキソプラズマ症。猫や鳥類など全ての哺乳類・羊肉や豚肉や鹿肉などの食べ物にも気を付けないといけません。
今のところトキソプラズマ症を予防出来るワクチンが存在しない為に猫を飼育しているご家庭で特に気を付けたいのは絶対に外に出さないこと・トイレの掃除はまめに行うこと・トイレの掃除の際には必ず手袋を着用することがこの感染症を予防する方法です。

また生肉を調理するときにも十分な加熱調理や使ったまな板などの消毒など徹底すれば予防出来ます。

普段から気を付けること

ペットに行うべき予防接種は毎回必ず行うこと・ノミやダニは外の草むらの中にもいるので犬の散歩では草のある所にはいかない・普段から部屋の掃除はペットのいない家庭の2倍はしておく・空気清浄機を使用し更に適度に換気も行う・ペットを定期的にお風呂に入れるなど、どれもペットを飼う上では当たり前のことですがこれらを行うことでノミやダニが原因のアレルギーやペットの毛からくるアレルギーも起こらずに済むと思います。

しつけ

またしつけもとても大事で、寝るときには当然別にした方が良いです。最初は寂しくて鳴いたりするかもしれないですが、慣れればそこが落ち着く場所となり自ら進んで寝るときや落ち着きたい時には行くようになるので専用のケージは必ず用意して早い段階でしつけをしましょう。

ペットが大人でも時間を掛ければ必ず覚えてくれるので気長にしつけをしましょうね。怒らずに焦らずにペットのペースにあわせてしつけをしてあげてください。

万が一の場合

つわりが酷くて寝込んでしまいお世話が出来なくなってしまったり急な入院や臨月などで散歩が行けなかったり普段のお世話も難しくなってきた時の為に一時的にペットを預けられる人を探しておくと良いです。親族の方などが一番好ましいですが、誰か信用の出来る方に預けられる人は見つけておくと何かあった時も困らずに済みます。

一番良いのは同じ種類のペットを飼った経験のある人や現在飼ってる人だと、安心して預けられますよね。どうしてもそういう人が見つからない場合には、近くにある愛護団体などに相談してみるのも良いと思いますよ。

まとめ

ペットがいる中で子育てをすると子供の情操教育にはとても良いんです。自分よりも弱い生き物に優しい子に育ち命の尊さもペットがいることで知ることが出来るので子供にとって大事なことを学ばせるにもとても良いことなんですよ。

妊娠中にお掃除やお世話はちょっと大変になりますが、絶対に保健所などにペットを連れ込まないようにケアやお世話に徹してみてください。しっかりとした飼い方をしていれば胎児や赤ちゃんに影響は出ることがないので、正しい知識を持ってペットと仲良く暮らしてくださいね。

こんな記事も読まれています




シェア