どうやって断乳するの?時期は?上手な断乳の仕方と進め方を教えます!

741 views

断乳しようと思う理由は仕事の復帰だったり母乳トラブルだったりその理由は人それぞれありますよね。
いざしようと思っても本当に良いのか?まだ早いのではないか?と迷ったりしてしまいませんか?
ここでは上手に断乳する方法や断乳の時期・進め方など断乳についてまとめてみました!

断乳と卒乳の違いとは?

卒乳は赤ちゃんが自発的におっぱいをやめることで断乳とはママ側の理由で授乳をやめることを言います。
ひと昔前は離乳食を食べられるようになったら断乳をしていくというのが一般的だったので1歳前後で授乳をまだしているとまだ授乳してるの?と言われるママもいると思います。
しかし最近では栄養面よりもスキンシップを重視し、断乳よりも卒乳を選ぶママも多いんですよ。

断乳する前に!

ママが授乳の継続が可能であれば、無理にやめる必要はないと思いますが様々な事情から断乳も考えなければならないママも多いはず。
しかし、どうしても断乳を選ばないといけないのか?よく考えてから断乳をしてくださいね。
栄養は離乳食などの食べ物から摂ることは出来ますが赤ちゃんは授乳する事で幸福感や安心感も得ているので断乳をせずに済む方法が他にもないか?色々と考えてから実行してくださいね。

断乳の時期の目安は?

断乳の時期の目安

・3食離乳食を食べている。(硬い物も食べられる。)
・1人で歩くことが出来ている。
・赤ちゃんの体調が良い。

月齢・年齢で言うと早くて10か月頃から1歳過ぎ位になると思います。
また保育園の入園などが控えている場合には環境の変化でストレスになるのでその時期と被らせないようにする事も大事ですよ。

断乳の方法①少しずつ回数を減らしていく

少しずつ減らしていく方法は離乳食後の授乳をやめることから始めましょう。離乳食の進み具合に合わせることもとっても大切です。
突然授乳の回数を一気に減らしてしまうとおっぱいのトラブルにも繋がるので最初は1日に1回授乳をやめることから始めましょう。

また断乳中の離乳食は乳製品はさけて糖分と脂肪分の多いカロリーの高めのメニューがおすすめ!腹持ちの良さそうなものを選ぶのも良いですね。
この方法は赤ちゃんの離乳食の進み具合やママの体調に合わせてゆっくり1か月以上掛けて進めていきましょう。

断乳の方法②赤ちゃんに言い聞かせて断乳

赤ちゃんに言い聞かせる事の出来る年齢1歳から1歳半頃から行うのが良いと思います。
断乳の日はパパがお休みの日などに合わせ家族でどこかにお出掛けをしたり赤ちゃんにとって楽しめる日にしてあげると良いです。
この日に赤ちゃんの体調があまり良くない場合には無理をせずに日を改めましょうね。

断乳をした日はおっぱいを温めてはいけないのでお風呂はNGです。断乳から2日間はどうしても張ってしまって痛い時のみ搾ります。
3日目にしっかりと搾ると徐々に張りが治まります。張りが強い場合には濡らしたタオルなどで冷やすと楽になりますよ。

こんな記事も読まれています



シェア