あなたは大丈夫?離婚も引き起こしかねない嫁ブロックとは

394 views

木村拓哉と工藤静香夫妻のSMAP解散問題や、石田純一と東尾理子夫妻の都知事選出馬問題などで、最近巷でも話題の「嫁ブロック」。
嫁ブロックとは、夫の転職や独立などを反対・阻止する妻とことを言います。
あまりにも突飛な事やデメリットの多い選択であれば、止めることも意味がありますが、その一方で、夫の成長や出世をダメにしてダメ男にしてしまう危険もあるのです。
ここでは、そんな嫁ブロックしてしまう女性の特徴についてご紹介します。


1.妻が「嫁ブロック」を発動させる理由とは?

世間で嫁ブロックを発動した経験のある女性に聞いた理由を調査したところ、以下のような結果になったようです。
1位:年収が下がる
2位:勤務地が自宅から遠い
3位:現在の夫の勤め先の職場環境や福利厚生に満足している
なるほど、やはり夫婦として一緒に生活している以上、お金に関する問題が一番の理由となっているようですね。

http://goddy-layout.com/yome-no-change/

2.「嫁ブロック」を発動するタイプとは?

「嫁ブロック」を発動するタイプは、女性の方が年上のカップルや共働き夫婦で仕事が出来る女性に多いようです。
昔は、会社で働くのは男の仕事、女は家で家庭を守るなんて考えもありましたが、今ではそんな考えは時代錯誤。
共働きの夫婦も多いですし、中には妻の方が夫よりも収入の多いカップルもあるかもしれません。
そのため、男性側も家庭内で仕事の悩みや愚痴を言ったり、年上の妻に甘えたりという状況も理由の1つかもしれませんね。
自分の方が夫より年上であったり、仕事が出来ると自負していると、どうしても夫が転職や独立などで迷った時に、知らず知らずの内に良かれと思って「嫁ブロック」を発動してしまうようです。

http://woman.president.jp/articles/-/992

3.「嫁ブロック」が原因で離婚も!?

あなたにとっては、家庭や夫の事を考えて、良かれと思って発動した「嫁ブロック」も、時としてそれが原因で離婚に繋がってしまう危険性があるので、注意が必要です。
男性からすると、これだけ自分が悩んで転職や独立をしたいと相談しているのに、妻から頭ごなしに反対されてしまうと、「この女性は自分の事を理解していないのではないか?」「本当にこれからも、こんな女性と一緒に人生を過ごしていけるのか?」など夫婦関係に疑問を持ってしまう可能性が高いようですね。
家庭や夫の為に発動した「嫁ブロック」で、家庭や夫婦関係を壊してしまっては、元も子もありませんよね。
決して感情にまかせて発動させず、「嫁ブロック」を発動させる際は慎重に行う必要がありそうです。

http://spotlight-media.jp/article/259126492754060163

4.「嫁ブロック」を発動しそうになったら?

まずは、夫の意見を尊重するためにも、夫の話に耳を傾けて夫婦間でじっくりと話合う事が大切です。
また、夫の考えをとどまらす意見を言う際にも、「私があなたの友人や同僚なら〇〇な意見だけど、妻としては××だと思うわ。」といった客観的に相手に伝わるような言い方をする方が良いでしょう。
頭ごなしに、「それは間違っている!」「転職や独立せずに今の会社に残るべきよ!」なんて言ってしまうと、夫にとっては全て否定されているような気持ちになり、家庭にも気の休まる場所がなくなってしまうおそれがあるので気をつけましょう。

http://woman.president.jp/articles/-/992

5.時には「嫁プッシュ」も必要

「嫁ブロック」の反対の意味でも使用される「嫁プッシュ」。
夫の転職や独立は、一緒に生活を共にする妻の立場からすれば、今の生活を脅かす大事件です。
でも、夫の話をしっかりと聞いて、もしその転職や独立が夫にとって少しでもメリットがあるものであるのであれば、不安な気持ちはグッと我慢して、笑顔で頑張ってチャレンジしてみろ!と「嫁プッシュ」をするのが、出来る嫁の腕の見せ所でしょう。
そんな「嫁プッシュ」の結果、彼のキャリアがより良いものとなれば、きっとあなたへの感謝の気持ちを持つと共に、夫婦の絆も更に強くなりそうですね。

https://mid-tenshoku.com/news/article/1822/

こんな記事も読まれています