夏本番!子どもと一緒によみたい”夏えほん” 【おすすめ5選】

933 views

暑くなってきて、外に出かけるのもいいですが、あまり暑いと家で過ごしたいもの。そんな時にできるのが、読み聞かせです。

夏は実は雨の日が多いもの。また、幼稚園がお休みの夏休みには、自宅で過ごすことも多くなってくるもの。そんな時に1冊ずつ読み聞かせしてみませんか?

夏の季節にぴったりの絵本を集めて読んでみると、それもまた楽しい!子どもと一緒に読みたい”夏えほん”。親子で楽しんじゃいましょう!



【難易度☆】ねないこだれだ せなけいこ

夏の定番といえば「おばけ」!せなけいこさんの『ねないこだれだ』は、今やTシャツなどグッズ販売までされている有名な絵本です。

夏休みはどうしても夜遅くまで起きていたくなるもの。でも、おばけが出てくるから、寝ないとダメだよ……。こんなおばけなら仲良くなってもいいかな?と思っちゃいそうな絵本です。

価格:648円

【難易度☆】ぺんぎんたいそう 

2016年6月1日に発売されたばかりの絵本『ぺんぎんたいそう』。

かわいいぺんぎんが、くびをのばしてーーいきをすってーー、はいてーー。ぱたぱたぱたぱた。ラジオ体操のようにしてぺんぎんたいそうを1日1回はじめよう!水族館で見るぺんぎんも、まるで体操をしているように見えるかも。写真をそのまま絵にしたような、リアリティのあるペンギンがとてもかわいいですね。

価格:864円

【難易度☆☆】ぞうきばやしのすもうたいかい

上の『ぺんぎんたいそう』同様、2016年6月1日に発売されたばかりの絵本『ぞうきばやしのすもうたいかい』は男の子におすすめ絵本。

ぞうきばやしには、昆虫やむしがいっぱい。みんな、すもう大会をしていますよ。カナブン、タマムシが最初の勝負。その次はかまきり、だんごむし。一番最後はくわがた、かぶとむし。どっちが勝ったかな?

むしの絵から「これはカナブン、これはタマムシ」と覚えられるほか、ぞうきばやしに出かけて虫を発見したくなる絵本です。

価格:972円

【難易度☆☆】なつのいちにち

夏休みの1日を描いたロングセラー絵本。クワガタがいる山をめざして走るぼく。人気絵本作家のはたこうしろうさん作の絵本です。これを読むと、子どもの目線で見た夏休みがよみがえり、親も感動できると評判。夏休み前に読んでおきたい1冊です。 

価格:1080円

【難易度☆☆☆】さかなえあわせカード

さかなえあわせカードは、実は絵本ではありません。3つにわかれた”えあわせカード”で、頭部分、胴部分、しっぽ部分を合わせて遊びます。

夏休みなど時間が取れる時に活躍してくれそうなカードは、家族みんなで遊ぶことができますよ。たい、くまのみのような有名な魚から、うつぼ、かさごなど難しい魚もあります。種類は22種類、カードの枚数は66枚です。

絵本は読むのがキライという男の子も、えあわせカードなら「やる!」なんて言ってくれたりもする……?これで魚はかせをめざしちゃいましょう!

価格:864円

0~1歳児から楽しめる難易度☆から、小学生も楽しめそうな難易度☆☆☆までラインナップしてみました。お気に入りの絵本は見つかりましたか?

夏休み、読み聞かせも楽しいもの。1日1冊借りて、めざせ1ヶ月で31冊!!

こんな記事も読まれています