結婚を決める前にちょっと待った!国際結婚で大変な事5つ

1,422 views

現在外国人の彼氏がいて、そろそろ結婚したいなと考えている方。
もちろん、大好きな彼との結婚は幸せですし、愛に国境など関係しない!と思っているかもしれません。
でも、国際結婚では乗り越えなければならない、大変な事もたくさんあるんですよね。
ここでは、そんな国際結婚で大変な事を5つご紹介します。
結婚してから、こんなハズじゃなかった!とならない為にも、これからあなたも遭遇するかもしれない大変な事を事前に理解しておきましょう。


1.言葉や文化の違い

結婚する前から分かってはいることではありますが、やはり国際結婚をした場合の一番の問題は、言葉や文化の違いだと思います。
いくら相手の国の言語をペラペラと話す事ができたとしても、やはりネイティブスピーカーとは違うので、ちょっとしたニュアンスなどの表現は難しいものです。
また、全く異なる文化の人間同士なので、一緒に暮らし始めると細かな点でも色々と違いを感じることが出てくるでしょう。
そんな事の積み重ねがストレスに感じてしまうことなく、そんなものだとどっしりと受け止められる人こそ、国際結婚に向いていると言えそうですね。

http://mamasup.me/articles/12589#i-2

2.結婚の手続き

日本人同士の結婚であれば、役所で婚約届を入手して、互いに必要事項を記入して提出すれば終了と、とてもシンプルで簡単なのですが、外国人との結婚となると、そうはいきません。
日本の役所に加えて、パートナーの国の大使館へ行く必要があり、また両方に書類を提出しなければならないため、必要書類も必然と多くなりますよね。
特に婚姻関係を証明する書類に関しては、翻訳書類等の提出も必要となるため、少しでもそういった作業をスムーズに行う為にも、できるだけ相手の国の言語を習得しておく必要がありそうですね。

http://mamasup.me/articles/12589#i-2

3.里帰りが容易でない

日本で働く外国人との結婚で、日本で暮らすのであれば、クリアとなる問題ではありますが、相手の国に暮らす事になると、実家への里帰りはそう簡単にはできませんよね。
また、しばらくの間はパートナー以外全く知らない土地で暮らしていく訳ですから、相手と喧嘩をした時など、逃げる場所もなく、時差の問題などもあって、日本に暮らす家族や友人にも容易には連絡を取れず、孤独を感じることも少なくないようです。
また、結婚後の出産も、相手の国で行うとなると、自分自身も不安ですし、両親にもすぐに孫の顔を見せてあげられないなんて事もあるかもしれないですね。

http://www.admillion.com/marriage2/index.php?%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88

4.子どもの問題

国によって、制度等は本当に様々です。
2人の間に生まれた子どもの国籍をどちらの国にするかは、国際結婚をしたカップル間で必ずぶつかる問題です。
国によっては、徴兵制のあるところもあるので、将来的な自分の子どもの安全や幸せを考えて選ぶ必要がありそうですね。
また、両親が異なる言語を用いるため、家庭内ではどちらの言語を主とするか等も話し合う必要が出てくるかもしれません。

http://mamasup.me/articles/12589#i-2

5.離婚をしてしまったら・・・

ハーグ条約というものを耳にしたことがある人も多いのでは?
ハーグ条約とは、国境を越えた子どもの連れ去りに関する世界的な条約で、日本もこの条約の加盟国です。
そのため、もし外国人男性と結婚し、子どももできた後、不幸にも離婚となってしまっても、元パートナーである相手の承諾なしには子どもと日本に帰国することができないのです。
もし、無断で連れて帰ろうものなら、実の親にも関わらず誘拐犯として指名手配されてしまうという恐ろしいものなんですよ。
また、一時帰国であっても、相手の承諾が必要となるため、子どもが出来ると色々と制約されてしまう事が多くなりそうですね。

http://blog.whynotjapan.com/marriage/551/

こんな記事も読まれています