赤ちゃんが穏やかに眠れる方法と入眠儀式について

1,442 views

赤ちゃんがなかなか寝てくれない、また眠ってもすぐ起きてしまう、夜泣きがひどいなど睡眠の悩みを抱えるママは多いと思います。赤ちゃんが寝てくれないとママも睡眠不足になってとても辛いですよね。

今日は赤ちゃんが穏やかに眠ってくれる方法を調べてみました。参考にして頂けたらうれしく思います。



生活にリズムを作ろう

生活をする中で赤ちゃんに一定のリズムを覚えてもらうと、自然に眠りについてくれるようになると思います。始めるのは離乳食が始まる頃からが良いでしょう。
例えば、夜6時から7時までにお夕飯を食べ、そのあと入浴、次に授乳、そして寝る前には必ずこれをするという入眠の儀式のようなものを作ると、赤ちゃんは(ああ、もう眠る時間なんだ。)と段々と覚えていくようになります。
ふいのお出掛けなどで遅くなる場合は、お風呂も遅くすることをおすすめします。
特に寒い時期には、体が冷えているとなかなか寝てくれないし、湯冷めも心配です。

入眠の儀式

ジョンソン・エンド・ジョンソンのホームページによると小児科睡眠の世界的権威であるミンデル博士の「入眠儀式」すやすや3ステップを推奨しているそうです。
①お風呂で洗う ②お風呂あがりにマッサージ ③穏やかで落ち着く環境づくり、以上の3ステップによって赤ちゃんを質の良い眠りに導くと言うものです。

https://www.jnj.co.jp/group/press/2013/0531/index.html

ベビーマッサージについて

ベビーマッサージについては、興味はあるもののまだ実践したことはないと言うママが70%以上だそうです。
専門的な知識が必要ではないかとか、色々な下準備が大変だとか理由は様々だと思うのですが、基本的には赤ちゃんとママ(パパ)のコミュニケーションのひとつだと思うので、始めは軽い気持ちで試してみるのも一案だと思います。
やり方については、YouTubeなどの動画でも検索出来ますし、私の過去の記事の中にもあげてありますので参考にしてみて下さい。

その他の入眠の儀式の提案

大切なのは、毎日同じ入眠の儀式をするということなので、それぞれのご家庭に合う方法を選ぶのが良いと思います。
その方法として、子守唄で寝かしつける、絵本を読む、赤ちゃんのお気に入りのぬいぐるみやタオルと一緒に寝かせる、眉間や髪の毛を撫でる、眠くなるような動画を見せる(出来れば音楽が入っているものが良いと思います。)などの方法があります。
自分の子どもに一番合った方法を見つけてあげて下さい。

最後に

赤ちゃんがなかなか寝てくれないと、ママの機嫌も段々と悪くなってしまいますね。
でも、赤ちゃんが夜泣きするのも、ママを困らせるのもいっときのことです。
その時は永遠に続く気がするかもしれませんが、過ぎてしまえば良い想い出になるので、ここはママが落ち着いて心穏やかに過ごすことが一番です。
でも、赤ちゃんが小さなときはママも疲れやすい時期なので、早く睡眠の悩みを解決して心も身体も穏やかに過ごせることを祈ります。
どの方法も1日や2日では習慣化しないと思いますが、気長に続けてみて下さい。

こんな記事も読まれています