子どものくせ毛で悩んでいるママにおすすめの対策

6,076 views

私は、小さな頃くせ毛で悩んでいました。朝、アイロンなどできれいにして行っても、雨が降ったりすればもう湿気でうねって来ます。夏は汗をかいてしまうので前髪なんかひどい状態。サラサラストレートのお友達にどんなに憧れたか分かりません。



くせ毛の原因

くせ毛になる主な理由としては、遺伝が考えられます。
毛根や毛穴が癖になりやすい形状になっているために、それが遺伝すると言われています。でも、くせ毛と言っても様々ですよね。
子供の頃はストレートだったのに、中学生くらいでくせ毛になる人や、この逆の人もいます。
家の息子は幼いころはストレートだったのに成長してくせ毛になったパターンですが、やわらかい髪質から、成長して髪がかたくなったためだと思われます。
くせ毛は、かたい髪の人がなりやすいと言われています。

くせ毛の種類

くせ毛は大きく分けて4つのタイプに分かれるそうです。
縮毛・日本人に一番多いくせ毛のタイプだそうです。縮れた感じの髪質で触るとゴワゴワするのが特徴です。
波状毛・一見しただけではパーマをかけているように見えます。ウェーブ状の大きなくせ毛で触った感触はツルツルしています。
連球毛・このくせ毛の特徴は、一本の髪の毛に細い所、太い所があって切れやすいというものです。触った感触はゴワゴワしていてなかなか伸ばすのは困難なくせ毛です。
捻転毛・髪の毛がねじれたような感じのくせ毛です。一定の間隔で表と裏が交互にねじれています。ボリュームが出てしまってまとまりにくいのが特徴です。
またこれらのくせ毛が混じったタイプの人もいます。

くせ毛対策・ドライヤー

洗髪のあとは、タオルで強くこすらずに、パンパンとやさしく包み込むように水分を良く取って下さい。出来ればタオルの吸収力で水分を十分に拭き取れたら良いと思います。
乾かした後は、櫛で髪をとかしておきましょう。
また、ドライヤーを使うポイントは、ドライヤーの口を髪の毛から15センチ以上離して乾かしましょう。また最後に冷風を当てると、髪がかたまりやすくなり、ストレートが長持ちするそうです。
そして、くせ毛は水分を摂りすぎると強くなると言われているので、高温のドライヤーはなるべく当てないように気をつけましょう。
最近話題になっている低温イオンドライヤーも、家の息子には効果があったようです。おすすめです。

どうしても直毛にしたいなら

くせ毛は遺伝によるものが多く、完璧に治す方法はないと思われます。
なので、毎朝ストレートアイロンをするのが大変とか、時間がないと言う方は縮毛矯正と言う最終手段があります。
例えば、前髪だけでも縮毛矯正にすることで印象が全然違います。
私の友人は一度縮毛矯正したら、髪質がストレートに変わり、うねらなくなりました。
逆にもし、遺伝によるくせ毛でない場合には、食事内容やシャンプーやトリートメントなどで改善できると思います。

くせ毛を生かした髪型を楽しもう

私の一番のおすすめはこれです。
大人になってしまえば、逆に天然パーマの人がうらやましいと思うかもしれません。
くせ毛の人はくせ毛の人にしかない個性的な髪型を楽しんでみるのもステキだと思います。

こんな記事も読まれています