なんだか気になる元永定正の絵本5選

1,525 views

子どもの絵本って、本当に置くが深い!!と思わせてくれる、元永定正さんの絵本。その独特の絵に大人の頭は???でも、子どもは……。我が家の子どもたちにも好評だった絵本を紹介します。是非、読んでみてくださいね。

どん

筆者の息子が、幼稚園の教材として使っていた絵本です。我が家では寝る前に絵本の読み聞かせをする習慣があるのですが、そのとき読んだ母の感想は???でも、子どもは単純にその世界を楽しんでいました。
元永定正さんのカラフルな「どん」。読めば読むほど、好きになる本でした。
それから3年、現在2歳の娘は、この絵本がお気に入り。自分でだしてきては「どん!」と指差しして読んでいます。
こどものとも月刊誌なので、現在書店ではなかなか見かけないかもしれませんが、もし見かけたら、一度読んでみてください。

もこもこもこ

そんな娘とある日、近くの公共施設へ行ったとき、「もこもこもこ」が置いてありました。筆者はこの絵本を読むのが、このとき初めてではありませんでしたが、娘に読み聞かせしていると、ん?なんか見覚えがあるような?と思い調べると、元永定正さんの絵でした。谷川俊太郎さんの言葉とふしぎな絵がなんとも気になる絵本です。
このとき、娘はこの絵本が初めてでしたが、この日以来「もこもこもこ、みた~い」と自宅でも話す始末です。

http://www.ehonnavi.net/ehon/130/%E3%82%82%E3%81%93%E3%82%82%E3%81%93%E3%82%82%E3%81%93/

ころころころ

ひょっとして、今までも気がついていなかったけど、読んだことがあったのかもしれないと思い、調べてみるとあるわあるわ、気になっていた絵本はやはり元永定正さんの絵本でした。
「ころころころ」もそんな絵本の1つでした。
育児サロンで保育士さんが読んでくれた絵本、給食試食会で、保育園の先生が薦めてくれた絵本がこの「ころころころ」。
ただ、丸が転がるだけの絵本なのですが、これがまたなんだか気になってかわいくて不思議なんです。
娘を含め子どもたちがじ~~っと絵本を見ていたのが印象的でした。

http://www.ehonnavi.net/ehon/1730/%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%93%E3%82%8D/

カニツンツン

他にもあるかなと思って調べてみると、なにやら見覚えのある黄色の表紙!この「カニツンツン」そういえば、姪っ子のところで読んだ記憶があるぞ!なんだろ?この本?不思議だなと思った記憶があります。
でも、なんだか気になってしまう感じが、独特の世界なんでしょうね。
色使いもとてもきれいな絵本です。

http://www.ehonnavi.net/ehon/2625/%E3%82%AB%E3%83%8B%E3%83%84%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%B3/

もけらもけら

最後に紹介するのが「もけらもけら」という絵本です。
なんとも不思議な言葉がなんだかとってもリズミカルな感じです。ジャズピアニストの山下洋輔さんの文のようですね。そして、元永定正さんのまたしてもへんてこな面白い絵が沢山です。
楽しくて、不可解で、でもなんだか読んでしまう、そんな1冊です。

http://www.ehonnavi.net/ehon/1388/%E3%82%82%E3%81%91%E3%82%89%E3%82%82%E3%81%91%E3%82%89/

こんな記事も読まれています