妊娠中期のママにのパパが出来ること

1,372 views

妊娠中期になりました。ママは少しだけつわりも改善されてきましたか?それともまだ辛そうでしょうか?この時期のママにパパが出来ることは何でしょう?一緒に考えてみませんか?

お料理

お料理の得意なパパなら、楽しんで出来るお料理でも、苦手なパパもいますよね。でも、産後、いざとなった時にパパが手作りのお料理を作ってくれたら、ママはどんなお料理でも嬉しいものです。初めての育児で、お互い位置からのスタートなら尚更ですね。産後は助け合いが必要。簡単なものを、教えてもらうのはいかがですか?
簡単なお料理のレシピを載せたリンクを載せておきますので、参考にしてみてください。

http://lovemo.jp/81374

父親学級に参加してみる

地域の保健センターや出産する産院で行われている、母親学級や父親学級。出産にまつわるものに、一緒に参加してくれるパパなら、ママも心強いですよね。
ちなみに、筆者の夫も、父親学級に参加し、イラストのようなスーツを着ました。「不思議な気分だ」と話していましたね。父親学級では、沐浴の仕方の講習もありました。時間が取れそうでたら、いかがでしょうか?
沐浴の仕方をリンクに載せたので参考にしてみてください。

http://lovemo.jp/81564

定期健診

ママが毎月通っている定期健診に、一緒に行き、赤ちゃんの様子などを見てみるのはいかがでしょうか?この時期の赤ちゃんが、一番きれいにエコーに映る気がしますよ。4Dや3Dがある産院なら、表情やどちらに似ているかも分かるかもしれません。
ママがこんな検査を毎回していると知っておくだけでも一緒に行く価値はあると思いますよ。
ママもパパが来てくれるだけで、嬉しいはずです。

お腹の赤ちゃんと話す

お腹が少しずつ大きくなり、胎動が出てきたらお腹の赤ちゃんに話しかけてみませんか?筆者の経験から話しますと、この話しかける事を赤ちゃんはおぼえているような気がします。ママの声、パパの声、きょうだいがいるのなら、子供の声、赤ちゃんは話しかけられた声が安心材料になっている気がします。
沢山話しかけてみましょう。
ママも、一緒に頑張ってくれるんだなと安心しますよ。

関心を持つ

ママは楽しみ半分、ちゃんと元気な赤ちゃんが生めるか不安半分、という不安定な気持ちの中にいます。
そんな時に、パパが関心を持ってくれなかったら、もっと不安になってしまうと思いませんか?
ママとお腹の赤ちゃんのことに関心を持ってあげてください。
そうすれば、自然にいろいろなことが出来ていくような気がします。
そして、手伝ってくれるパパに対して、ママも感謝の気持ちを忘れないことが大事ですね。
夫婦がお互いのことを思いやって過ごせば、貴重な妊娠の期間が思い出深いものになるのではないでしょうか?

こんな記事も読まれています