子どもに絶対音感を身につけさせるコツって?

1,079 views

最近、絶対音感と言う言葉をよく耳にするようになりました。

報道では、感知する音のすべてが音符になって頭に入って来るというのですが、そんな特殊な脳力は、きっと生まれつき持っている才能なんだと、思っていました。

絶対音感とは何だろう?

絶対音感、英語:perfect pitch)は、ある音(純音および楽音)を単独に聞いたときに、その音の高さ(音高)を記憶に基づいて絶対的に認識する能力である。 狭義には、音高感と音名との対応付けが強く、ある楽音を聞いたときに即座に音名・階名表記を使用して表現できる能力である。(wikipediaより。)

つまり絶対音感とは、音を聞いただけでこの音はこれだと判断して、楽器とかで確かめることなく譜面に出来るような人の事で、瞬時に、音を自分の耳と頭で理解できる能力のようです。

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E9%9F%B3%E6%84%9F+%E3%81%A8%E3%81%AF&oq=%E7%B5%B6%E5%AF%BE&aqs=chrome.1.69i57j69i59l3j0l2.8306j0j4&sourceid=chrome&es_sm=93&ie=UTF-8

絶対音感を身につける方法①

人の絶対音感を習得するのは6歳までが有効とされている一方で、それはないと言う否定的な意見もあることが分かりました。
しかし、吸収しやすいのは6歳までの子どもという意味では、ある程度、小さなころから音楽に触れさせると言う機会はあった方がいいのではないかと思います。
一説によるとピアノを習うことが、絶対音感のほか、色んな能力をアップするのに、最も効果的だと言われているそうです。
「ピアノは、指を動かす・先を読む・暗記 全て脳の働きを高めるので、ピアノを習うと頭が良くなる さらにピアノを習うとキレにくくなる」ほんまでっか?【子供の教育】脳科学評論家 澤口先生が語った情報より

http://ninshin-ikuji.seesaa.net/article/228154470.html

絶対音感を身につける方法②

インターネットを上手に活用することも、絶対音感を身につけるために有効かと思います。色んなサイトがあるので、検索して、気に入ったサイトを見つけ、子どもにやらせてみる方法です。
しかし、こちらは大体が無料サイトなのでお手軽なのですが、親が絶対音感がない場合は実際には、どれくらい身についているかを判断できないのが、不安な要素だと思います。
子どもが興味があるのならば、少しお金がかかってもピアノ教室に通わせる方法が、一番の近道だと思います。
経済的に余裕のあるご家庭では、検討されてみるのもいいのではないでしょうか。

絶対音感を学ぶ意味について

お子さんが、音楽が大好きで将来は音楽の道に進みたいと頑張っているのならば、親としてはやっぱり、応援してあげたくなりますね。
でも、そうではなく、親が押し付けている場合は少し距離を置いて、本当に必要なスキルなのかを考えてみる、ゆとりも大事かと思います。
絶対音感は、確かに音楽などの分野では身に着けておけば有利になると思いますが、音楽活動で成功している方全員が、絶対音感を持っているかというと、疑問が出て来ます。

子どもが楽しんでいるかどうかがポイント

音大受験の入試の一部である聴音試験は、まさにこの絶対音感のテストなのだと聞いたことがあります。
では、音大を受験される方全員が、幼いころからピアノを習ったりしていたのでしょうか?そう考えると、努力次第では高校生くらいでも絶対音感は身につくということになると思われます。
しかし、何でもそうですが何かをやる上で必要なことは、いつもたった一つではなく、その人が持っているセンスなども重要なポイントになるので、子どもが楽しみながら音楽に触れていくことが最も大切な気がしました。

こんな記事も読まれています