離乳食のトマト料理を子供の月齢ごとにご紹介

1,468 views

真っ赤なトマトに出会ったら、是非赤ちゃんの離乳食としてもお使いください。調理のしやすいミニトマトでもOKです。ここでは赤ちゃんの月齢ごとにメニューをご紹介します。是非、作ってみてくださいね。

初期(5~6ヶ月)トマトペースト

材料:トマト 15g 水 大さじ2
①トマトの皮をむいて、へたと種をていねいに取り除き、細かくきざむ。
②鍋に入れ、水を加えてやわらかくなるまで煮る。
③こし器に入れ、テーブルスプーンの背で押しつぶしながら裏ごしする。
※トマトの皮や種は消化しにくいので、離乳食では必ずしっかり取り除いてから調理をしましょう。
パンがゆや月齢が進んだらヨーグルトに混ぜても美味しいメニューです。

中期(7~8ヶ月)トマトのヨーグルとあえ

材料:トマト 25g プレーンヨーグルト 小さじ2
①トマトの皮をむいて、へたと種を丁寧に取り除き、5mm角に切る。
②①のトマトにプレーンヨーグルトを加えて、あえる。
※ヨーグルトを加えて、なめらかな口当たりにしましょう。

後期(9~11ヶ月)トマトの中華風スープ

材料:トマト 30g 鶏ささみ 5g さやいんげん 1本 溶き卵 大さじ1 野菜スープ 1/2カップ
①トマトは半分に切り、皮をむいて、へたと種を丁寧に取り、5mm角に切る。ささみは、包丁ですじを綺麗に取り除き、こまかく刻む。
②さいんげんはすじを取り、ゆでてから斜めに薄く切る。
③鍋に野菜スープを入れて温め、①のささみを入れて、箸でほぐし、煮立ったらアクを取る。①のトマトと②を加えてひと煮し、溶き卵を回しいれて、卵に火が通って浮いてきたら火を止める。
※赤・黄・緑、見た目が綺麗で、食欲をそそるメニューです。

完了期(12~15ヶ月)ミニトマトのサラダ

材料:ミニトマト 4個 パセリ 少々 鮭(水煮缶) 15g マヨネーズ 小さじ1/2
①ミニトマトはへたを切り、小さく切り目をつけて熱湯につける。皮がはがれてきたら冷水にとって、皮をつるっとむく。
②①のミニトマトの上部を少し切る。パセリは良く洗い、みじん切りにする。
③小さなボウルなどに鮭を入れてよくほぐし、マヨネーズであえる。
④②のミニトマトに③をのせて皿に盛り、パセリのみじん切りを、ミニトマトのへたの様に飾り盛る。
※カラフルで見た目も可愛いメニューです。

まとめ

トマトは、体に抵抗力をつける作用があるビタミンが豊富です。腸の調子を整えるペクチンも多く含まれるので、是非、離乳食にも取り入れてみてください。丸くて形がよく、持ったときにずっしりと重いのが、美味しいトマトです。キズがなく、へたが緑でピンとしているものを選びましょう。
また、トマトを保存する時は、ビニールに入れて冷蔵庫の野菜室にいれましょう。長期保存するには、ペースト状にして冷凍しましょう。

こんな記事も読まれています