離乳食の納豆料理を子供の月齢ごとにご紹介

2,065 views

どこのスーパーにも必ずおいてある食材である納豆ですが、離乳食にも使うことが出来ます。発酵食品ですので、体にもとても良い食品ですね。月齢ごとにメニューをご紹介しますので、参考にしてみてください。

初期(5~6ヶ月)納豆がゆ

材料:ひきわり納豆 10g グリーンピース 5g コーン(冷凍) 5g 10倍がゆ 40g
①グリーンピース、コーンはそれぞれゆでて裏ごしをする。
②納豆はすり鉢でよくする。
③10倍がゆに②を入れて、器に盛り、①をのせる。
※とろとろの10倍がゆが、納豆と混ざり更に食べやすくなります。

中期(7~8ヶ月)納豆と野菜のあえもの

材料:ひきわり納豆 15g 大根 10g にんじん 5g さやえんどう 少々 しょうゆ 少々
①大根、にんじん、さやえんどうは2cmの長さのせん切りにしてやわらかくゆでる。
②ひきわり納豆をすり鉢でつぶし、①を混ぜ、ごく少量のしょうゆで味付けする。
※おかずとして頂くもよいですし、7倍かゆと混ぜて食べてもいいですね。

後期(9~11ヶ月)納豆シューマイ

材料:納豆 20g 小松菜(葉先) 20g 豚挽肉 20g シューマイの皮 3枚 片栗粉 1g しょうゆ 少々
①小松菜はゆでて水にとり、こまかく刻み、水気を絞る。
②納豆はこまかく刻み、①、豚挽肉、片栗粉、しょうゆと混ぜる。
③シューマイの皮に②を置いて形を整え、蒸気の上がった蒸し器に入れて強火で7~8分蒸す。
※ここでは通常の納豆でメニューを紹介していますが、ひきわり納豆を使用しても大丈夫です。

完了期(12~15ヶ月)納豆チャーハン

材料:納豆 20g にんじん 10g ねぎ 10g 溶き卵 1/2個分 グリーンピース(冷凍) 10g 軟飯 100g サラダ油 小さじ1 塩 少々 しょうゆ 小さじ1/4
①にんじんは角切りにしてゆでる。ねぎは小口切りにする。
②納豆はざるに入れてざっと水洗いし、水気を切る。
③フライパンに分量のサラダ油の1/3量を熱し、卵を加えていり卵を作り、取り出す。残りのサラダ油を熱し、①、グリーンピース、②の順で炒め、軟飯を加えて炒め合わせる。塩、しょうゆで味付けし、いり卵を戻す。
※野菜は子供が食べられる野菜であれば代用可能です。冷蔵庫の中にある野菜を使って作ってみましょう。

まとめ

納豆は大豆の加工品で良質のたんぱく質、脂質がたっぷり含まれています。たんぱく質は納豆菌の働きによって消化されやすくなります。ただ、それだけで食べるよりも、野菜や魚などと一緒に食べるほうが栄養的にもさらに質を高めることになるようです。ビタミンKも作り出し、たんぱく質とカルシウムの「接着剤」として骨粗しょう症にも効果的のようです。赤ちゃんと一緒にお母さんも積極的に食べましょう。
保存もきく納豆ですが、冷凍保存も出来ます。パックのまま冷凍庫へ入れると2ヶ月は保存がきくようですが、赤ちゃん用なら早めに使ったほうがよいですね。
納豆パワーで元気な体を作りましょう。

こんな記事も読まれています