離乳食のブロッコリー料理を子供の月齢ごとにご紹介

1,647 views

ブロッコリーは手に入れやすい野菜の一つですね。緑が綺麗なブロッコリーに出会ったら、栄養もたっぷりです。赤ちゃんの離乳食にも是非取り入れてみてください。月齢ごとのメニューをご紹介します。

初期(5~6ヶ月)ブロッコリーのだし煮

材料:ブロッコリーの穂先 10g だし汁 1/3カップ
①ブロッコリーは房と茎を切り分けた後、さらに小房に分ける。穂先を使う。
②鍋にたっぷりの湯を沸かし、やわらかく茹でる。
③鍋にだし汁と②を入れて煮る。
④すり鉢に入れ、すりこ木でたたくようにしてなめらかにすり潰す。
※ブロッコリーは緑が濃く、つぼみが引き締まったものを選びましょう。離乳食の初期では、穂先の柔らかい部分だけを使いましょう。

中期(7~8ヶ月)ブロッコリーのスープ煮

材料:ブロッコリー 15g 野菜スープ 1/2カップ
①鍋にたっぷりの湯を沸かし、小房に切り分けたブロッコリーを茎の部分から先に入れるようにして茹でる。
②①のブロッコリーを小さく刻む
③鍋に②と野菜スープを入れ、やわらかくなるまで煮る。
※ゆでた房の穂先を包丁で軽くそぐと、簡単にぽろぽろになります。中期以降はこのままあえたり、混ぜたりして使うことが出来ます。
鮮やかなグリーンが体によさそうなメニューです。

後期(9~11ヶ月)ブロッコリーのミルクくず煮

材料:ブロッコリー 15g にんじん 5g 溶いた粉ミルク 小さじ2
野菜スープ 大さじ3 塩 少々 水溶き片栗粉 大さじ1
①にんじんは薄めのいちょう切りにしてゆでて取り出す。次にブロッコリーをゆでて小房に分ける。
②鍋にミルク、野菜スープと①を入れて煮て、やわらかくなったら塩を加える。
③②に水溶き片栗粉を回しいれ、とろみをつける。
※最後に水溶き片栗粉を入れて、ブロッコリーの口当たりを良くしましょう。
ミルクでとろっとやわらかく煮たメニューです。

完了期(12~15ヶ月)ブロッコリーサラダ

材料:ブロッコリー 20g うずら卵 1個 マヨネーズ 小さじ1
①ブロッコリーはたっぷりの湯で柔らかくゆでる。うずら卵は、固ゆでにする。
②ブロッコリーは小さくほぐす。うずら卵は殻をむき、半分に切る。
③器に②のブロッコリーをマヨネーズであえ、上に②のうずら卵をのせる。
※新鮮な素材の味をたっぷりと味わえるメニューです。

まとめ

ビタミンが豊富な緑の野菜としてブロッコリーを使ってみるのはいかがでしょうか?ブロッコリーを細かく切ってから茹でて、月齢にあった裏ごしをすれば、冷凍すれば1週間くらいは保存しても大丈夫です。
是非、美味しく緑の野菜を楽しんでくださいね。

こんな記事も読まれています