離乳食の高野豆腐料理を子供の月齢ごとにご紹介

624 views

高野豆腐は凍らせた豆腐を解凍し、乾燥させた保存食品です。豆腐は保存がききませんが、高野豆腐は保存食品なので長期保存が可能です。常備しておいて離乳食にも使いましょう。月齢ごとのメニューをご紹介します。

初期(5~6ヶ月)すりおろしくず煮

材料:高野豆腐 1/10個 だし汁 1/4カップ 水溶き片栗粉 少々
①高野豆腐はもどさず、そのままおろし器ですりおろす。
②鍋にだし汁、①を入れて中火にかける。煮立ったら弱火にして2~3分煮、水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。
※水溶き片栗粉で食べやすくなります。

中期(7~8ヶ月)刻み高野豆腐とさつまいもの煮物

材料:高野豆腐 1/10個 さつまいも 20g だし汁 1/3カップ しょうゆ 少々
①高野豆腐は袋の表示どおりにもどりし、水気をしぼってみじんぎりにする。
②さつまいもは皮をむいていちょう切りにし、水にさらしアクを抜き、水気を切る。
③鍋にだし汁、①、②を入れて火にかけ、やわらなくなるまで煮る。
④しょうゆを加えて火を止め、さつまいもをスプーンでつぶす。
※さつまいものほのかな甘みが美味しいお料理です。

後期(9~11ヶ月)高野豆腐と野菜の煮物

材料:高野豆腐 1/6個 玉ねぎ 15g にんじん 5g さやいんげん 少々 溶き卵 小1/2個分 だし汁 2/5カップ しょうゆ 少々
塩 少々
①高野豆腐は袋の表示どおりにもどし、細い短冊切りにする。
②玉ねぎは薄切り、にんじんは短冊切りにする。
③さやいんげんはやわらかくゆでて、薄切りにする。
④鍋にだし汁、②を入れてやわらかく煮る。①、③を加えて4~5分煮て、しょうゆ、塩で味付けする。
⑤溶き卵を回しいれ、卵に火が通るまで煮る。
※野菜のビタミンと高野豆腐のたんぱく質で栄養抜群のメニューです。

完了期(12~15ヶ月)高野豆腐とじゃがいもの味噌炒め煮

材料:高野豆腐 1/5個 じゃがいも 20g にんじん 5g サラダ油 小さじ1/2 だし汁 大さじ1+1/3 味噌 小さじ1/3 砂糖 小さじ1/3
①高野豆腐は袋の表示どおりにもどし、短冊切りにする。
②じゃがいも、にんじんは短冊切りにする。じゃがいもは水にさらしアクを抜き、水気を切る。
③鍋にサラダ油を熱して②を炒め、しんなりしたらだし汁、味噌、砂糖を入れ、①を加えて汁気がなくなるまで煮る。
※甘辛の味付けでご飯がすすむメニューです。

まとめ

高野豆腐の主成分はたんぱく質と脂質です。栄養はほぼ豆腐と同じと考えてよいのですが、豆腐に比べカルシウムと食物繊維が多いのが特徴です。便秘がちになっているお子様には是非食べていただきたいですね。
また、長期保存が可能な高野豆腐ですが、脂肪分が多く、油が酸化しやすいため、保存中に変質しないように注意しましょう。油の酸化を防ぐには、乾燥した場所で保存するのがコツです。湿気が多くなる夏はとくに保存方法、保存場所に気をつけましょう。
手軽に使える食材なので是非、参考にしてみてくださいね。

こんな記事も読まれています