子供がお風呂を嫌う原因4選。お風呂嫌いを直したい!

1,458 views

それまでずっとご機嫌だったのにお風呂の時間になると突然大泣きしたり、異常に嫌がる子いますよね?お風呂は好きにならなくても良いから汗や汚れを落とすにもしっかり体も髪も洗いたいですよね。うちの息子もお風呂があまり好きではなかったのですが、子供がお風呂を嫌う原因を突き止めればお風呂嫌いも克服できます。ここでは我が家でも原因を突き止める為に色々やってみたことをまとめてみました。

温度

お風呂のお湯の温度やシャワーの温度は適切ですか?子供の最適と思う温度は大人と同じで個人差があります。もしかしたら少し熱過ぎていたり逆にぬるく感じているのかもしれないです。お湯の温度の微調整を少し試みてみるのも良いかもしれないですよ。またシャワーのお湯が勢いあり過ぎて肌に当たった時に痛みを感じてる場合もあります。

洗い方

体の洗い方よりも髪の毛を洗うことを嫌がりお風呂が苦手な子が多いようです。泡が目に入ったり流したお湯が目に入ったりすることで、お風呂がイヤになってしまう原因になることが多いですよ。我が家も実は髪の毛の洗い方が原因でした。シャンプーハットなどもダメで結局は親のももの上に仰向けに寝かせてお湯や泡が顔に掛からないように洗うことでうちの息子はお風呂で泣いたり嫌がらなくなりました。こういう子は基本的に顔にお湯が掛かるのが苦手なので顔を洗うときも同じ姿勢で目を閉じさせて洗うなどの工夫が必要になります。

入浴剤

お肌の弱い子やお肌がデリケートな赤ちゃんなどには、ちょっと強い入浴剤もあるので、入浴剤を使用する場合には赤ちゃん用または低刺激用などを使用した方が良いかもしれません。またおむつかぶれやあせもなどがしみている可能性もあるので、あまりにも泣くようなら一度全身見てみるのも良いです。体を洗うボディーソープも同様に刺激の少ないものを選んでくださいね!

おもちゃ

お風呂での環境をおもちゃなどを使って楽しい空間にすることも試してみると良いです。嫌なことをされる場所と認識してしまうと、ずっとお風呂の嫌いな子になってしまうのでなるべくお風呂という環境を子供が楽しめるようにお風呂で楽しめるおもちゃを一緒に買いに行ってみるのも方法のひとつです。自分で選んだおもちゃならそのおもちゃで遊びたくてお風呂に早く入りたいと思ってくれるかもしれないです!

まとめ

人は誰でも嫌いなものや苦手な物があります。でもその原因を突き止めて排除出来れば昨日までの嫌がりようは何だったの?みたいな感じになります。生活に支障のないものなら無理に克服させることもないですが、お風呂となるとそうはいかないですよね。ほとんどの場合は髪の毛を洗うときの洗い方が原因みたいなので、まずは髪の毛の洗い方を見直してみることから始めてみてはいかがでしょうか?ちょっとした工夫で嫌いだったお風呂も好きになるかもしれないので色々試してみてくださいね。

こんな記事も読まれています