妊娠中の貧血が赤ちゃんに及ぼす影響とは?

1,357 views

妊婦さんは貧血になりやすいと言うのはみなさんご存知でしょうか?お腹の赤ちゃんへ栄養を送っていることで鉄分が不足し貧血を起こしてしまうというのが妊婦さんに貧血が多い理由です。元々女性は貧血気味な方も多いので妊娠中に貧血かな?と思ってもそんなに驚かないと思いますがこれを放置しているとママにも赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。ここでは妊娠中に起こる貧血が赤ちゃんに及ぼす影響をまとめてみました。

なぜ妊婦さんは貧血になりやすいの?

妊婦さんが貧血になる一番の原因としてあげられるのは上記でもあげたように、お腹の中の赤ちゃんへ栄養を送る為に鉄分が不足状態になってしまいます。お腹の中で赤ちゃんが成長をする程たくさんの栄養を必要とするので益々ママは貧血状態になりやすいのです。

妊娠中の体のメカニズム

妊娠中は血液の量は増えても赤血球はそれほど増えないので体内の赤血球の濃度が低くなり赤血球を作る鉄分やタンパク質などの栄養も赤ちゃんへ送られてしまう為に妊婦さんは貧血を起こしやすいのです。また自律神経やホルモンのバランスも崩れる為に血圧の調整も体内で上手く出来なくなるのも原因のひとつです。血液は赤ちゃんのいるお腹に集中しています。なので突然起き上がったりすると頭の方へなかなか血液が行かずに立ちくらみするなんてこともあります。

赤ちゃんへの影響

妊娠後期の貧血を放置してしまうと大変なことになってしまいます。貧血状態とは鉄分やタンパク質などの栄養素が足りないことで起こりますよね。ママの体に栄養が足りてないと言う事はお腹の赤ちゃんにも栄養は足りていない事になります。赤ちゃんに充分な栄養素が送られないことは充分な発育が出来ないことになり発達障害や重度の身体障害になってしまう恐れもあります。

妊婦さんへの影響

貧血状態のままで出産を迎えてしまうと陣痛が微弱で出産までに時間が掛かり赤ちゃんにもママにも危険です。また出産時の出血にも対応しにくくなりママの体が危険な状態になることもあります。産後の肥立ちが悪かったり母乳の出が悪かったりと産後にまで響くので妊娠中の貧血の放置はとっても危険なんですよ。

まとめ

妊娠中の貧血は産婦人科へ相談すると錠剤を処方されます。しかし、副作用が出る方も多くいるようなので錠剤を飲まずに食事を見直して鉄分を多く含む食材を積極的に食べることでの栄養の摂取が母子共に安心で安全な方法と言えますよね。ジャンクフードや洋食よりも和食中心の食事にしてみたり野菜やお魚やレバーなど満遍なく食べて鉄分以外の栄養も充分に摂取出来るようにして健康な赤ちゃんをお迎えくださいね。

こんな記事も読まれています