家族旅行やアウトドアにピッタリな車5選

2,921 views

子供たちも大きくなってきたから旅行やアウトドアに行ってみようかなと計画している方も多いはず。でも旅行やアウトドアは長距離を走ったり荷物が多かったりするので車選びも重要です。お子さんも長距離になると、ドライブを楽しんだりできますし、快適な車内はお子さんが疲れないだけでなく、お子さんの良い思い出になります。そんな方におすすめしたいのが、SUV(スポーツ多目的車)です。SUVの特長は荷物がたくさん入ったり、どんな道でもパワフルに走ったりとメリットがたくさんあります。今回はおすすめの5車種を紹介します。高い買い物ですし、現在のお乗りの車のローンもあるでしょうから、すぐに買うわけには行かないご家庭がほとんどだとは思いますが、お子さんの成長とともに車の買い替えを検討にされる際には、ぜひ参考にして下さい

日産 エクストレイル

まず、最初に紹介するのは、日産のエクストレイルです。最新型は、最新の機能と快適性を備えたものになっています。たとえば、手をかざすだけで後ろのドアが開く機能があります。
これなら荷物が多い時や、雨のとき、赤ちゃんを抱いている時などに荷物を積んだり降ろしたりするのが楽になります。挟みこみ防止機能が付いていて子供にもとっても優しい設計になっているのがウレシイですね。ちなみにこの機能は、日産車初搭載みたいですよ。
ほかにも汚れや傷がつきにくい防水仕様も設定されていて、水や泥で汚れたものも気にせず走ることができます。アウトドアでキャンプや山道のドライブにピッタリでしょう。お子さんも、現地での体験だけでなく、行き帰りの道中の「すごい雨」なんかも印象に残りそうなお出かけですね。ドライブの後の掃除も楽ですから。

http://www.nissan.co.jp/X-TRAIL/?sclisid=LS_TIJ_XT_GO_GLIS_00009797

三菱 アウトランダーPHEV

三菱自動車は電気自動車の分野で、世界最先端の技術を持っています。乗り心地はもちろん、バッテリー性能も格段に向上して最近の努力は目を張るものがあります。
その三菱から、私が最もおススメするのが、このアウトランダー、そのなかでもPHEVモデルです。
さて、このPHEVは、簡単に説明しますと充電した電気とガソリンで走りますし、電気だけでも走ることができます。
山道も急カーブでも、乗り心地抜群で子供たちとのドライブが楽しくなるアウトランダー。それが超低燃費でエコなPHEVならなおさら。子供にも地球に優しく楽しいドライブになりますね。
ここでPHEVの特性を生かした賢い使い方を紹介します。まずは、近場への外出なら電気だけ。つまり、ガソリン代がかかりません。その分を子供の習い事などに使えます。もし電気がなくなってガソリンを使う事になってもハイブリッド走行に切り替わるので心配いりません。街中でも充電スポットが増えてきていて、だんだん環境も整ってきています。
さらに、購入時の自動車取得税と重量税が免税されます。さらに翌年の自動車税が軽減されます。お得がいっぱいです。

http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev/economy/

スバル レガシイアウトバック

スバルは乗り心地が、トヨタや日産とは一味違っていて、ファンも多いメーカーさんです。そんなスバルファンのみなさんには、こちらのレガシイ、それもアウトバックバージョンをお勧めします。
スバルの車は、ステップが低めですので、小さなお子さんが1人で乗り降りするのも早いですしし、何よりも、重心が低めなので、安心した走りが期待できます。その割には、がたがた道でも、サスペンションがきいていて、快適な揺れない社内になっているのは不思議ですね。
さて、このスバルのレガシイアウトバックですが、この車は、ワゴンの使いやすさとSUVのパワフルさが融合した車です。車高が低くて街乗りにも最適な運転しやすい車です。
トランクは隅々まで効率よく使えるようにフラットになっていて大型のスーツケースが4つ収納できるぐらい広々としたスペースになっています。ベビーカーなどの荷物も楽に積めます。
さらに最新の安全装備や自動追従機能などが付いていて便利です。

http://www.subaru.jp/legacy/outback/

トヨタ ハリヤー

お子さんとアウトドアを楽しむ車はたくさんありますが、それぞれのご家庭の「お財布」状況もありますから、すぐに買うとまでは行きませんが、試乗だけでも価値がある、ドライブにも普段使いにも、もちろんお子さん連れのキャンプにもぴったりの車があります。
買い替えの際にローンを組めたり、思わぬ臨時収入があったりしたら、ぜひ検討してほしいのが、トヨタ自動車の「ハリヤー」です。
ちょっと高級な車ですが、お値段以上(笑)の装備と走りやすさと、価値がありますよ。
内外装共に上質な造りとなっていて紫外線がカットするUVカットガラスが使われていたり家族に嬉しい装備や機能がたくさんついています。このモデルからハイブリッド車も追加されて購入の選択肢が広がりました。
もし乗りかえるときにも、高級車なので高く買い取ってもらえる可能性が高いので、長い目で見たら、財産になりますし、コスパ的にも悪くないですよ。

http://toyota.jp/harrier/

トヨタ ランドクルーザー

これもトヨタですが、アウトドアと家版といっても、ランドクルーザーですね。
もはや、トヨタのSUVの代名詞といってもよいような「ランクル」。この車は世界的にも人気の高い車のひとつで、日本車で最も長い61年の歴史を持つ車です。
歴史があるということは、それだけ支持されてきたという証。丈夫なエンジンに、悪路でも安定した乗り心地、それに広い車内と、まさにアウトドア車のなかでも一目置かれる存在、フラッグシップ車ですね。
高級車なのでそれなりの出費と覚悟が必要な車。でも、家族全員が満足することまちがいなしの魅力がたくさんあります。車中泊ができるぐらいの圧倒的な室内の広さと豪華な装備も魅力の一つです。
おこさんが小学生にもなれば、オートキャンプや泊りがけのドライブも可能になりますから、そんなときに大活躍しますね。
もう一つは買い取り価格が高いこと。
先程も言いましたがこの車は世界的にも人気の高い車なので海外での需要もありますので多少状態が悪くても高く買い取ってもらえる確率がかなり高いです。買い取ってもらったお金で新車が買えるなんてこともありますよ。

http://toyota.jp/landcruiser/

こんな記事も読まれています