妊婦さんも必見の混合授乳のメリットとデメリット

1,647 views

完全母乳が赤ちゃんには良いと昔から言われていますが、母乳の出方もそれぞれでおっぱいのたくさん出るママは良いですが最初からおっぱいの出る量の少ない人もいます。筆者の私も出産直後からおっぱいの量は凄く少なく、出産してすぐから粉ミルクとの混合授乳でした。最近では混合授乳をするママも増えたそうですがこの混合授乳のメリットとデメリットを筆者の経験も交えてまとめてみました。

混合授乳って?

母乳の出が悪く母乳だけでは量が足りない場合に粉ミルクも併用して授乳することを混合授乳と言います。昔から完全母乳育児の方が良いなどと言われていますが、昔は粉ミルクの質が悪かったことで完全母乳での子育てを勧められましたが今は粉ミルクの質がとても優れているので母乳の出が悪く混合授乳にすることを躊躇することは全くありませんよ。

母乳の出が悪くても。

母乳の出る量は人により様々で出すぎて困ってしまう方もいれば、ほとんど出ない方もいます。筆者の私も後者の方でしたが出が悪くても一応授乳はした方が良いそうです。その理由として、赤ちゃんとのスキンシップ・少量でも母乳をあげているという満足感・もしかしたら出るようになるかもしれないという期待から乳がんなどの予防等の理由があげられます。

混合授乳のメリット

粉ミルクは腹持ちが良い為に混合授乳にした所赤ちゃんがよく寝てくれるようになったり、授乳の間隔も完全母乳よりも長い為にママ自身もゆっくり休めます。粉ミルクに慣れていると、人に赤ちゃんを預けたりすることも出来ます。また我が家の場合は卒乳もすんなり出来ました。母乳だけでは足りない栄養なども摂取することが可能です。また母乳と違い飲んだ量が明確に分かることで、量が不足しているのではないか?等の不安はないです。

混合授乳のデメリット

母乳を飲まなくなってしまう・母乳が出なくなってしまう可能性がある・夜にミルクを作らないといけない手間・出掛ける際の荷物が増える・赤ちゃんが母乳育ちの子よりも体型がぽっちゃりしてしまう。等のデメリットがあります。私の場合は母乳は最初から少量しか出なかった為に初期の段階で粉ミルクの割合が高かった為に子供がすぐに風邪をひきました。また母乳もすぐに全く出なくなり生理も出産後1ヶ月後にはきました。またうちの場合は、おしゃぶりがなかなか外れない子のように哺乳瓶で何かを飲みながらじゃないと安心しないようで哺乳瓶なしでは寝付かないこともありました。

まとめ

粉ミルクの質が良いと言っても母乳にある免疫だけは粉ミルクにはないので、我が家のように早い時期から粉ミルク率が高いと免疫が無いので風邪をひいたりする時期も早まると思いますが私自身混合授乳にして特に困ったり悩んだことはありません。完全母乳育児が良いとされていますが、母乳の出も人によって違うことや早期に仕事へ復帰しないといけないママも多くいると思います。完全母乳での子育てが出来ないことが負担になりストレスになっているママがいたら安心して下さい。我が家では検診でも指摘されたことは一度もありません。ミルクを作ったり哺乳瓶の消毒など少し手間はありますが、授乳の間隔が伸びることでママの睡眠時間もとれます。混合にしようか悩んでいて躊躇しているママがいたら是非一度試してみてはいかがですか?

こんな記事も読まれています