妊娠中の辛い腰痛…原因と対処法

1,326 views

妊娠してから、腰痛に悩まされるようになった女性は多いのではないでしょうか。

大きなお腹を支えるために腰に負担がかかるのはもちろんですが、お腹が大きくなる前から腰痛になることも珍しくありません。

歩くだけでも痛かったり、痛みのあまり夜眠れなかったり…腰痛は生活に支障をきたします。

快適なマタニティライフを送れるようにしっかり腰痛対策をしましょう。



腰痛の原因

妊娠すると、「リラキシン」というホルモンの分泌がさかんになります。
このリラキシンには出産に備えて関節や靭帯をゆるめる作用があります。
ゆるんだ骨盤をお尻の筋肉や腰の筋肉が支えようとするため、腰痛が起こるのです。

また、妊娠後期になってお腹が大きくなってくると、どうしても腰を反らした姿勢になりがち。
腰を反らすと骨盤の傾きにも変化が生じ、腰椎や腰を支える筋肉の負担が増えるので腰痛の原因になります。

特に妊娠前から腰に問題を抱えていた人は、ひどい腰痛を引き起こしてしまいます。
腰だけでなく、脚の付け根や太ももにまで痛みが及ぶ人もいます。

妊婦帯を使う

腰痛が起きてしまったら、腰に負担がかからないような生活をすることが大切です。

骨盤が緩んで歩くのも辛い…という場合は、妊婦帯や骨盤ベルトを使いましょう。
骨盤をしっかり固定することができるので、ずいぶん痛みが軽減されます。
お腹の下で締めますので、赤ちゃんには影響がありません。

骨盤ベルトはさまざまなタイプのものが販売されています。
説明をよく読んで自分にぴったりのものを見つけ、正しい着用法で身につけましょう。

運動をする

腰が痛くなるのは、先述の通り筋肉に負担がかかって張った状態になっているためです。
そこで、軽い運動やエクササイズをして腰まわりの筋肉をほぐしてあげましょう。

おすすめなのが猫のポーズ。
両足の膝をつけて四つんばいになり、息を吐きながら背中を丸め、息を吸いながら背中をそらします。
ゆっくりと繰り返してみてください。
腰周辺の筋肉が伸びているのを実感できると思います。

ウォーキングなどの適度な運動も、腰痛の軽減や予防に役立ちますよ。

湿布を処方してもらう

骨盤ベルトや腰痛エクササイズだけでは腰痛が改善されない…。
そんな時は、遠慮なく医師に相談してみましょう。
湿布を貼るとウソのように腰痛がやわらぐケースもあります。

市販の湿布は、妊娠中には使えないものもあります。
ですが産婦人科で処方されるものは、当然妊婦が使っても大丈夫な製品です。
妊婦健診の際、医師に相談してみてくださいね。

寝る時の姿勢を工夫する

寝る時の姿勢を変えるだけでも、腰痛が軽減します。
シムス位という、横向きになって片足を曲げる姿勢で寝るようにしてみてください。
抱き枕を使うとシムス位がとりやすくなります。

また、思い切ってベッドのマットレスを替えるのもひとつの方法です。
体が沈まないものにすると、負担が軽減されますよ。

重いものを持たないようにする、お風呂にゆっくり浸かるなどの方法も有効です。
ひどくなる前に、しっかり対策をとってくださいね。

こんな記事も読まれています