男女の産み分け!そんなのできるの?

1,853 views

2人目、3人目を妊娠するときには、できれば生みわけをしたいと考えるパパやママもいると思います。

しかし実際に、産み分けは可能なのでしょうか?

産み分けの方法や効果をまとめてみました。

考えのひとつとして、参考にしてみてください。



産み分けはできるのか?

産み分けができるかできないかは、専門家でも意見が分かれるところです。
ただ100%可能とは言い切れないようです。
現在のところ確実な産み分けの方法はわかっていない状態です。
しかし現在の産み分け方法を試すことで、産み分けに成功した例も多数あります。
産み分けの方法を試した人の中で、男の子を産み分けに成功したのは80%~90%。女の子は70%~80%と、けして低い数字ではありません。
産み分けを実践し、どちらの性別で生まれたにしても、赤ちゃんに愛情を持って育てることができるのであれば試してみてもいいのではないでしょうか。

排卵日で産み分け!

男女の産み分けに排卵日が大きく関係しているようです。
排卵が行われる「排卵日」に性交を行うことで男の子が生まれる確立が上がるそうです。
女の子の産み分けを希望している場合は、排卵日2~3日前の性交が良いとされています。
排卵日の見極めは、基礎体温をつけているとわかるようになります。
また排卵日をチェックする試験薬も市販されているので、使用することでより確かな排卵日を知ることができます。

ゼリーで産み分け!

男女の産み分けで最も多く実践されている方法がゼリーです。
性交前にこのゼリーを使うことで、産み分けしやすい体にしてくれます。
使用法は、ゼリーを液体状になるまで溶かし、膣内に挿入します。
一般的にはピンクとグリーンがあり、ピンクは女の子・グリーンは男の子の産み分けに用いられます。
こちらの産み分け結果は80%とと高い数字をマークしています。
通販などで流通しているものもあり、衛生面や安全面で懸念されるところもあるようです。

酸性に保って産み分け!

膣の中を酸性に保つことで、女の子の産み分けができるそうです。
排卵日2~3日前が女の子の産み分けに適しているのは、その時期の膣の状態が、酸性に傾いていることからです。
そこで用いられるのが食用のお酢です。性交前にお酢で膣を洗浄することで、膣内を酸性に保ち女の子の産み分けができるということです。
注意点としては、お酢そのままを使用すると、刺激が強すぎて膣を傷つけてしまう恐れがあるので、絶対にやめましょう。

中国式カレンダーで産み分け!

中国の元の時代から伝わる産み分け法です。
確実な方法というよりは、占いやジンクスに近いものがあります。
しかしこの中国式カレンダーは世界中で利用されており、これを目安に性交を行うカップルも多くいるようです。
的中率も高いとされていますが、実証されているわけではありません。
産み分けの方法のひとつとして参考にしてみてください。

こんな記事も読まれています