子連れで結婚式に出席する際のマナーや服装

1,822 views

親族や親友などの結婚式に招待されて子連れだけどどうしよう?なんて出席さえも悩んでしまったりしますよね。でもせっかくのお招きをお断りせずに出席したいですよね。子連れでの結婚式に出席する際に準備しておいた方が良いものから服装やマナーをまとめてみました!

持って行きたいもの

基本的には普段少し長めの時間お出掛けするときと同じような持ち物で行きます。授乳期の子の場合はミルクや哺乳瓶など。また子供が飽きてしまわない為に玩具は持参した方が良いですがなるべく音の出ないものが好ましいです。乳児等の場合はお昼寝の時間とかぶってしまう事も考えお昼寝に使用する物も持ち込みましょう。バギー等は会場内に持ち込み可能かは事前にしっかり聞いておきましょう。また離乳食などの子の場合は持ち込みをする事を新郎新婦側に伝えることも大事です。おやつ等も気を紛らす為に持参しておくと良いですね。

ママの服装

ママの服装はフォーマルのマナーにのっとった服装が求められるので白い色の服などはマナー違反になります。連れて行く子が授乳期の赤ちゃんなら授乳のしやすい前開きのワンピースなどが良いでしょう。子連れなのでやはり動きやすくシワになりにくい物が便利ですよね。ですが、なるべくフォーマルに近いものを選んでくださいね。また子連れなのでヒールは低いものが動きやすくて良いと思います。

男の子の服装女の子の服装

小さい男の子がいると『リングボーイ』の演出し参加することになるかもしれないのでスーツ姿なんかで行くと場が盛り上がりますよね。スーツではなくても、あからさまに普段着でなければ問題はないです。また女の子の場合は『フラワーガール』の演出に参加するかもしれないので、ドレス姿だととっても可愛いですよね。子供の場合は大人と違い白い色はマナー違反というような決まりはありませんがなるべく主役を引き立てる為にも白は避けた方が良いですね。

授乳中のママの注意点

赤ちゃんがぐずってしまったときや赤ちゃんに授乳をする際は控え室か授乳室に行きましょう。また授乳中のママの悩みのひとつ授乳のとき以外に母乳があふれてしまうときがありますよね。そんなことを気にしながらだとなかなか楽しめないので、母乳があふれてきてしまう対策として『胸あて』の準備も忘れずにしておきましょう。胸あてを赤ちゃんようのオムツなど使用したなんていうママもいるみたいですよ!

マナー

食事も自分でしたい時期でもあるので、汚してしまうことも考えてエプロンや着替えウエットティッシュ等も持参しましょう。また2歳以上の子に静かにしていて欲しくてもなかなか難しいですよね。時々外に連れ出したり玩具等で気を紛らせたりの工夫も必要ですが、どうしようもなく泣いてしまったり大きな声で騒ぎ出した場合には会場から出ることはマナーです。また女性の服装でパンツスタイルは通常はフォーマルには相応しくないと言われていますがフォーマルを意識したヘアスタイルや服装であれば子連れなので許容でしょう。靴も高いヒールなどは避けて動きやすいものを選びましょう!また子連れなので子供が泣いてしまったり飽きてしまい周りに迷惑を掛けそうになったら会場の外に出ることもある事を新郎新婦側に事前に伝えておくことも大事です!

こんな記事も読まれています