赤ちゃんを笑わせる5つの必殺技

2,129 views
赤ちゃんをあやすお母さん

赤ちゃんの笑顔って一番癒し効果があるんじゃないでしょうか。

ずっと笑ってもらっていたいけど、なかなか笑わすのが難しいですね。



必殺【高い高い】

仰向けに寝て、赤ちゃんをやさしく高い高いする。手で脇を支え、足で腰あたりを支えると安定します。
ただしヨダレが顔に垂れてくるので注意です(笑)
小さい頃は揺さぶりすぎるとダメなので、仰向けに寝て、膝を立てて、その上に乗せるだけでやってました。

必殺【変音】

くしゃみの真似ですごいケラケラ笑ってました。
ただ私が口を膨らませ『プゥ?ッ』息を吐き出すだけでゲラゲラ。
いないいないばぁも、作った風船をゴム紐で椅子にくくりつけ、足でバンバン蹴ったらゲラゲラ。
ほっぺたに口つけてブブブーッと音を立てると笑ってました。

ただ、調子に乗ってやりすぎると、逆に赤ちゃんを怖がらせて泣かせてしまう可能性もありますので、ほどほどに…。

必殺【ダンシング】

体操のお姉さんになったつもりで、笑顔を絶やさず踊ります。それも全力で。音楽に慣れてくると、そのうち手踊りもしてくれます。
あやす人が心底楽しんでいるのも伝わるようです。
一緒にダンスしてみるのもいいですね。お母さんは大変かもしれないですが、お子様の笑顔を見るためにはこれくらい平気ですよね?!

必殺【いないいないばー】

激しい『いないいないばぁ』」が好評だと聞きます。
見えないところ隠れて、全身を使っていないいないばぁ!とか、子供の顔にガーゼハンカチなどをのせて、目隠し状態にして『いないいないばぁ』といいながらハンカチをとるととても喜びますよ!!

昔から続く、王道のあやし技、ですね。

必殺【そよ風】

ストローで(別にストローじゃなくても良いんでしょうが)赤ちゃんの顔に強く息を吹きかけると、笑ったような顔になるとか。
赤ちゃんの鼻辺りに2秒くらいストローで息を吹きかけると赤ちゃんは笑顔になります。

王道のあやし技も、最近話題になるあやし技も、一つ工夫をすることで違った楽しみ方ができます。
いろいろ考えて試してみて、お子様の笑顔をたくさん引きだしてあげてくださいね。

こんな記事も読まれています