結構なる妊婦さん多いです!妊娠中に貧血と言われたら!?

7,163 views

妊娠中に貧血と言われたことのある方はとても多いと思います。 出産に向けて血液の量が増えて、それにより血が薄くなり貧血になります。 出産時にどうしても出血をしますが血が薄くなっていることにより体が耐えられるようになっているんですよ。 すごいですよね。 では、貧血と言われたらどうしたらいいのでしょうか?



鉄分の多い食材

まず鉄分には肉や魚などに含まれるヘム鉄と野菜や海藻などに含まれる非ヘム鉄があります。
吸収率が高いのはヘム鉄です。
ヘム鉄がたくさん含まれている食べ物はレバーや牛モモ肉などです。
非ヘム鉄がたくさん含まれている食べ物は小松菜や納豆やひじきなどがあります。
どちらもきちんと食べましょう。

一緒にとればいいもの、ダメなもの

ビタミンCは一緒にとると鉄分の吸収がよくなりますよ。
非ヘム鉄の含まれる野菜より吸収力のよいヘム鉄の含まれているものをたくさんとればいいように思いますが、吸収をよくするためにもビタミンCが含まれている野菜もきちんと食べましょう。
またタンニンは一緒に摂ると鉄分の吸収が阻害されます。
タンニンは紅茶、コーヒー、緑茶などに含まれています。
妊娠中はあまりとらないようにしましょう。

鉄分の薬

鉄分というのはどんな食べ物にでもたくさんは含まれてはいないので、どれだけ頑張っても貧血がよくならないこともありますよね。
そういうときは病院でお薬が出ます。
きちんと飲みましょう。
また鉄分の薬以外にもサプリメントや鉄分が入った補助食品などもありますよ。
ですが妊娠中にたくさんとってはいけない成分が入っている場合もあるのでお医者さんに相談してから飲むようにしましょう。

点滴

鉄分の薬が合わないというひとも結構います。
胃があれて気持ち悪くなったり、下痢になったり。
そういう場合は病院で鉄分の点滴をしてもらうのもいいですよ。
胃を通さないので胃はあれませんよ。
ただし一回で貧血が良くなるわけではないので病院へ通うことにはなります。

脳貧血

妊婦中によくなるものとしては貧血と名前のよく似た脳貧血というのもあります。
脳貧血というのは鉄分が足りていないわけではなく、脳にいく血液が少なくなってくらくらすることです。
妊娠中はほんとによくなることが多いです。
大丈夫だと思っていてもいきなり目の前が暗くなり、倒れそうになるなんてこともあります。
長時間の外出のときなどはマメに休憩をとるなどして気を付けてください。

こんな記事も読まれています



シェア