プレママ向け雑誌おすすめ5選♪妊娠中に読むべし!

9,785 views

初めての妊娠は、わからないことだらけです。

出産に向けて何を準備したらいいのか、どんな妊婦生活を送ったらいいのか、悩んでしまいますよね。

そんな時に力になってくれるのがプレママ向けの雑誌です。

さまざまな雑誌が刊行されていますので、おすすめをご紹介します。

雑誌を読んで、上手に情報収集してくださいね。

新型出生前診断なら「NIPT平石クリニック」。全国各地の駅チカで検査可能!



たまごクラブ

プレママ向け雑誌の代名詞とも言えるのがベネッセのたまごクラブ。
一番有名なプレママ向け雑誌ですね。

妊娠3ヶ月から読めるので、かなり初期から情報収集を開始できます。
毎月さまざまな付録がついてくるのが魅力的。
可愛い新生児肌着やスタイの手作りキット、ブランケットなどがついたこともあります。

先輩ママの声が多く掲載されているので、必ず参考になる情報が見つかりますよ。

妊すぐ

毎月雑誌を買うのはちょっと大変だし、読む暇がないかも…。
そんな方におすすめなのが、リクルートホールディングスが発行している妊すぐ。
年に4回の発行なので、毎月買う必要がありません。

ただし、対象は妊娠2ヶ月~5ヶ月のプレママ。
6ヶ月以降になったら別の雑誌に移行する必要がありますね。

季刊なせいか、付録はだいたい3点セットがついていて豪華に感じます。

Pre-mo

Pre-moも年に4回発行される季刊です。
主婦の友社が発行しています。

マタニティグッズやベビー用品など、さまざまな出産関連グッズが紹介されています。
出産準備のお買い物はPre-moを読めばだいたいカバーできそうです。
過去の付録には名付けBOOKや母子手帳ケースなどがあります。

姉妹雑誌に『Baby-mo』があるので、赤ちゃんが生まれたらそちらも読みたいですね。

BabyPedia

無料で読めるフリーマガジンも侮れません。
Babypediaは妊娠初期のプレママを中心に、妊娠気に役立つ情報を紹介している無償教材です。
全国約2400ヶ所の産院、公益財団法人母子衛生研究会主催の妊婦教室で配布されています。

知っていると役立つ情報が盛りだくさん!
特に赤ちゃんとママの健康についての情報が多いですね。

奇数月に発行されていますので、産院で見かけたらぜひ手にとってみてください。

たまひよbefa

妊娠・出産・育児までをトータルサポートしてくれるのがたまひよbefa。
店頭購入ではなく、通信販売形式で購入することができます。
店頭で売っている雑誌と違い、広告ページがまったくないのですっきり読むことができますよ。

たまひよbefaはとにかく付録が豊富。
安産エクササイズDVDや母子手帳ケース、赤ちゃんのバスタオルやおむつポーチなどがついてきます。
内容ごとにわかりやすくまとめられた小冊子もついてきます。
妊娠・出産にまつわるお金のことや、離乳食レシピ本などがあります。

妊娠中はもちろん、出産後にもとっても役立つのでおすすめですよ。



こんな記事も読まれています