子供との買い物でのマナー違反5選

3,019 views
Mother with her boy in baby carriage in the supermarket

子供を連れての買い物は、何かと大変なことも気を使います。

買い物をしながら、はしゃぐ子供に手を焼くことも・・・

気を付けてはいるけど、ついつい見落としがちなマナー違反。

小さな子供のことだけど、中にはよく思わない方もいるので気をつけましょう。



商品を触る

買い物に行くと子供は物珍しく、手当たり次第商品を触っていきます。
その触った商品をまた売り場の棚に戻すのは、あまり気持ちのいいものではありません。
またお肉や鮮魚などのパックを指でつつくのも、せっかくの新鮮さが損なわれてしまいます。
子供が欲しがるままにお菓子などを買わないというしつけは素晴らしいですが、子供が握り締めたお菓子をそのままにするのは、ほかの買い物をする方にとっては迷惑でしかありません。
子供に商品を取ってもらう際、子供が落としてしまいママが新しいものに取り替えるといった方もたまに見かけます。
これはマナー以前にモラルの問題です。
買わないのであれば、子供には触らせないということを心がけましょう。

台の上に座らせる

お会計を済ませた後に商品を袋に入れる台でのことです。
もちろん土足で台の上に立たせるのは、絶対にしてはいけないことですが、ついついやってしまうのが、台の上に子供を座らせる行為です。
ママはなんとも思わないかもしれませんが、小さい子供や赤ちゃんはまだオムツをしている子もいます。食品を乗せる台の上なので衛生的にも問題があり、意外と気になっている人も多いです。買い物したものを袋に詰めながら子供の世話をするのは大変でしょうが、座らせるのならカートの子供座椅子にしましょう。

叱りつける

子供がお店で騒いでいたり、商品で遊んだりしているときは親としてしっかり叱るべきです。
しかしお店は公の場です。怒鳴ったり大声で叱ったりするのは、周りで見ていて決して気持ちのいいものではありません。
時と場合に応じて、子供への接し方を考える必要があります。

カートに乗せる

子供用のカートやカートについている子供座椅子に座らせるのは問題ありませんが、買い物カゴを置くところに子供を座らせるのはマナー違反です。
食品を置くところに、土足の子供が座っているのは問題外です。
絶対にやめましょう。

売り場内での飲食

子供を大人しくさせようと、お店の売り場内でお菓子を食べさせる方がいます。
一見問題ないようにも思いますが、お家から持ってきたお菓子とお店で売られているお菓子の見分けが付けづらく、周りから見ていてあまりよく思われません。
お店のものかもと疑われるようなことは、ママにとっても気分の良くないことでしょう。
どうしてもお店の中で食べさせるのであれば、スナックマグを利用してみましょう。
スナックマグは持参したお菓子だということが一目でわかり、売り場をお菓子で散らかす心配もありません。
またお店に置かれている試食は、商品を買う人のためのものです。
子供が群がって何度も食べるものではありません。
子供たちだけでの試食はなるべく控えるようにしましょう。

こんな記事も読まれています