会陰マッサージって何?必要性とやり方

2,218 views

初産のママにとって、不安なのが会陰切開。

出産の時に会陰を切開されたらどうしよう…痛いのかな…と不安は尽きません。

そこでぜひおすすめしたいのが会陰マッサージ。

会陰マッサージのあれこれについてご説明します。



会陰マッサージは何のためにやるの?

会陰とは、膣と肛門の間の部分のことです。
出産の際には会陰が大きく伸びますが、充分に伸びない場合は赤ちゃんの通り道を確保するため、会陰を切開することになります。
切開した部分は当然縫いますので、産後は痛みに悩まされることになってしまいます。

会陰マッサージをしてやわらかくしておくと、切開する可能性を下げることができます。
また、切開を避けられなかった場合でも、傷が小さくて済んだり、回復が早くなることが期待できます。

いつからできるの?

会陰マッサージを始める目安は、だいたい妊娠34週からです。
あまり早く始めてしまうと、お腹が張ったりしてしまいます。

お腹が張りやすい方は、36週を目安に始めましょう。
不安な場合は、産婦人科でマッサージをしてもいいかどうか聞いてみてくださいね。
また、体調の悪い日には行わないようにしましょう。

どうやってやるの?

まずはマッサージ用のオイルを用意します。

指1~2本の先にオイルをつけ、膣に3~4cmほど入れます。
3時から9時の方向に圧をかける感じで、くるくるとマッサージしてください。
指を使うのに抵抗がある方は、コットンを使っても大丈夫です。

一回のマッサージは3~5分ほど、週に2~3回やればOKです。
お風呂上りなどにやるのがおすすめですよ。
コットンを使った場合、おりものシートなどにのせて会陰をパックすると更に効果的です。

オススメのマッサージオイル

会陰マッサージに使うオイルは、肌への刺激がないものを用意しましょう。

セサミオイル、アーモンドオイル、カレンデュラオイルなどがおすすめです。
また、キャリアオイルとしてよく使われるホホバオイルやグレープシードオイルもいいですよ。

妊娠線のケアやおっぱいマッサージ、ベビーのお肌にも使えるようなオイルを選ぶと色々使えてお得です。
また、リラックスできるように、好きな香りのオイルを選びましょう。

絶対切開しないわけではない

会陰マッサージを念入りに行っても、必ず会陰切開を回避できるわけではありません。
逆に、マッサージをしなかったのに切開せずにすんだというケースもあります。
体質や赤ちゃんの大きさにも左右されてしまうからです。

ですが先述の通り、マッサージをしておくと産後の傷の回復が早くなることが期待できます。
『切開せずにすむといいな~』くらいの気持ちで、無理しない程度にマッサージしてみてくださいね。
くれぐれも無理は禁物ですよ!

こんな記事も読まれています



シェア