赤ちゃんの耳垢の原因と心配な色と臭い

2,348 views

赤ちゃんのにおいいといえばミルクのなんとも言えない優しい良いにおいという感じですが、抱っこをしようとした時や顔を近づけた時に凄い臭いと感じたことはありませんか?その原因は赤ちゃんの耳垢にあります。どうして耳垢から匂ってしまうのか?また耳垢の色によっては病気の心配もあります。匂いの原因でもある耳垢の原因と色についてまとめてみました。

原因1

耳の中の古い細胞が古くなって剥がれ落ちて生じるのが耳垢で新陳代謝の活発な赤ちゃんは大人よりも耳垢は元々溜まりやすいのです。なので赤ちゃんの耳の中を見たときに耳垢がたくさんあって驚いたママもいるかもしれないですが、これは代謝がきちんと行われていているので心配する必要はないですよ。では臭いの原因は一体何なのか?

原因2

耳からの匂いの原因の一つとしてあげられるのが耳の中に入ってしまう水分です。例えば仰向けに寝ているときに泣いているとその涙が耳の中に入ってしまったりよだれも同様に少しずつではありますが耳の中に入ってしまっています。これを気付かずに放置していると湿った耳垢が蒸れて匂いを出しているのです。また授乳やミルクをあげるときの赤ちゃんの顎の角度によっては飲んでいるミルクが口から流れて耳に入り込むこともあるので赤ちゃんの顎の角度に気をつけることとミルクやよだれ等に気付いたらふき取ってあげましょう。

原因3

赤ちゃんの耳の匂いが片方側からだと大体向き癖によるものが多いです。右側ばかり向いて寝かしていると耳側の耳が長時間塞がってしまっているので耳垢が蒸れて匂いの原因になります。赤ちゃんは明るい方や音の出ている方に向きがちなので、気付いたら向きを変えてあげたり添い寝をするときに毎回ママが左右交互に添い寝をする等気に掛けてあげることが大事です!向き癖は耳垢に限らず姿勢などにも影響が出てくるので注意したいですね!

耳垢の色

耳垢の色にはクリーム色黒っぽい色赤っぽい色黄色とありますが、クリーム色と黒っぽい色に関しては病気の可能性は低いです。黒っぽいとちょっと心配になりますが、お腹の中にいた時に羊水が耳に入り黒っぽい色の耳垢になるので心配はいらなんですよ。心配なのは赤っぽい色と黄色です。無理に耳垢を取ろうとしたりすると耳の粘膜を傷つけてしまい出血して赤っぽい耳垢になっている事が多いです。黄色っぽい耳垢はドロっとした感じがある耳垢だったりもします。このような場合は中耳炎を疑っても良いと思います!

まとめ

耳からの匂いが気になったりして病院に行っても耳垢はウイルスやゴミ等から耳を守るものと考えている医師だとほとんどケアしてくれない病院もあるそうです。赤ちゃんの耳掃除は突然予測なしに動いたりするので自分ではちょっと怖いものですよね。病院で耳掃除をお願いするのが病気になっていても早期発見が出来て良いのですが、ママの価値観と医師の価値観の同じ病院選びが大事なので、耳掃除やケアをしてくれる病院を先輩ママに聞いてみるのも良いかもしれないです!

こんな記事も読まれています