子供の肌トラブルのチェックポイントまとめ

1,413 views

子供は皮膚トラブルも起こしやすいものです。湿疹や、ウィルスの感染によるものなど、種類も様々です。適切に治療しないと、広がってしまうものや、人に移るものなどあるので、お風呂のときなど、皮膚を見てあげましょう。

あせも

汗が汗腺の中にたまり、炎症が起こった状態があせもです。子供は小さい体ですが、大人と同じ数の汗腺があるので汗かきです。あせもの予防で大事なことは、汗をかきっぱなしにしないことです。汗を吸い取るシャツを着せたり、汗をかいたらこまめに拭いたり、シャワーで流すようにしましょう。エアコンも上手に使い、汗をかきすぎないようにしましょう。

虫さされ

大人は生まれてから何度も虫に刺されているので、アレルギーに対する抗体を持っている人がほとんどです。それなので、虫に刺されてかゆくなった後は、そこまで腫れることはなく、時間とともに自然に治まります。しかし、子供の場合は、虫に刺された経験があまりないので、アレルギーに対する反応が遅く、刺されてから数時間以上経ってから腫れてくることもあります。同じ時間、同じ虫に刺されても、大人と子供とでは腫れの程度が違うのです。だから子供は、蚊に刺されただけでも、ひどく腫れて水疱ができることもあるんですね。刺されたら、水で洗い、かゆみが強いときは、冷たいタオルなどで冷やしてからかゆみ止めを塗りましょう。

とびひ

虫刺されや擦り傷など皮膚の浅くて小さい傷に黄色ブドウ球菌が感染し、水疱になります。水疱は破れて中の菌が飛び散って、あっという間に広がります。抗生物質が必要なので、広がらないうちに皮膚科や小児科を受診しましょう。爪をいつも短く切り、患部をかきこわさないように注意しましょう。他の水疱ができる病気と間違えやすいので、治りにくい場合は受診しましょう。

水いぼ

ウイルスの感染によっておこります。1ミリ~5ミリほどの小さな水疱がだんだんと広がります。かゆがる子もいます。確実な治療はピンセットでつまんで取る方法なのですが、痛みを我慢してとったとしても、また増えることもあります。放っておいても1~2年で自然になくなります。治療するかどうかはかかりつけの小児科などで相談しましょう。子供によっては漢方薬も有効です。

日焼け

紫外線は、皮膚細胞を傷つけ、免疫力を低下させます。小さい頃に浴びた紫外線は、大人になってからも影響が残ると言われているので、子供の時から、日焼け予防をしましょう。紫外線の強い時期は、登園前に日焼け止めを塗ってあげるようにしましょう。外遊びの時も、つばの広い帽子をかぶせてあげるといいですね。首の後ろも焼けやすいので日焼け対策をしっかりしてあげましょう。

こんな記事も読まれています