富良野・美瑛で子供と行くべきスポット5選

2,282 views

北海道で行きたい観光地でも特に人気の高い【富良野・美瑛】エリア。

丘陵が続く美しい景観に加え、多種多様な観光施設で年間を通して楽しめるエリアです。

きれいな絵になる場所がたくさんあるので、ドラマやCMのロケ地が多数ある場所としても有名です。

今回は富良野・美瑛のおすすめ観光スポットをご紹介します。



四季彩の丘

富良野・美瑛の数ある花畑のなかでも特に絵になる場所が【四季彩の丘】です。
花畑の中でも規模が大きく、15ヘクタールの敷地には一面の花畑がひろがっています。
特に大雪山系の十勝岳・美瑛岳の方面に展望が開けており、手前に花畑、奥に雪山といった景色が楽しめます。
人気のノロッコ号やバギー、カートなどの乗り物も用意されており、広い敷地内をぐるっと回ることができます。またアルパカ牧場も併設されています。
売店で販売されている名物の『メロンソフト』は、メロンにソフトクリームを盛った名物です。ぜひ現地でご賞味下さい。迫力にびっくりすると思います。

住所:北海道上川郡美瑛町新星第三
営業時間:9:00~17:00(季節により変更あり)

青い池

最近よく写真を見るようになった【青い池】は、美瑛町の美瑛駅から白銀温泉に行く途中にあります。
季節や時間、天気によって色が変わる青い池は、立ち入り制限が解除された2010年頃より観光地として注目を集めています。
不思議な雰囲気のする青い池。ぜひ訪れてみてください。
人の少ない早朝から午前10時までも時間がおすすめです。

住所:北海道上川郡美瑛町白金

ファーム富田

富良野といえばラベンダーという方も多いのではないでしょうか?
一面の紫色のじゅうたんは一見の価値ありです。
ファーム富田は富良野でもっとも有名な花畑です。
その歴史は100年以上あり、香料のラベンダー栽培が始まりといわれています。
ファーム内にはさまざまな花畑があり、特に人気なのは7月中旬から7月下旬に見ごろを迎える『彩りの畑』。年ごとに植える花を変え、毎年約8種類の色鮮やかな花々が咲き誇ります。
また、12ヘクタールもある広大なファーム内で約6ヘクタールを占めるラベンダーは、7月上旬から下旬が最盛期。香りを楽しみながら園内散策を楽しんでください。
「ドライフラワーの舎」や「ポプリの舎」などのショップも立ち並び、オリジナルグッズも豊富です。良質なラベンダーオイルやせっけんなどはお土産に大人気。
また、散策の途中にファーム内のカフェで人気のラベンダーソフトクリームをあじわうのもおすすめです。

住所:北海道空知群富良野町基線北15号
営業時間:8:30~17:30(季節により変動あり)

パッチワークの路

【パッチワークの路】と名付けられた美瑛町の丘陵地帯は、その名の表す通り様々な花や作物がつくりだす模様が、まさに‘パッチワーク‘のように見えることからそのように呼ばれています。
毎年 違った作物が作付けされているので、2度と同じ風景には出会えないのも魅力のひとつ。
さまざまな見どころが点在するこの路は、テレビCMに採用され『ケンとメリーの木』と親しまれる1本のポプラの木、マイルドセブンのパッケージに使用された『マイルドセブンの丘』なども有名です。
『セブンスターの木』が立つ場所より少し上に位置する駐車スペースは、パッチワークの道を一望できる場所。十勝岳連峰、旭岳なども見渡せます。
いつまでも眺めていたくなるようなスケールの大きな景色に感動です。

住所:北海道美瑛町北瑛

ニングルテラス

すがすがしい富良野の森の中にログショップが建ち並ぶ【ニングルテラス】。
ここには15棟のショップやコーヒーショップ、手作り体験ができるクラフト工房『ニングルアトリエ』があります。
15棟のログショップでは、それぞれに個性的なグッズを発見できます。
「森のろうそく屋」の木の切り株の形をしたキャンドル‘木のろうそく‘や富良野塾のショップ「森の楽団」の木人形などをはじめ、注目したいグッズが盛りだくさん。
ショッピングと同時に、森林浴を楽しむ人の姿も多くみられます。
昼間は豊かな緑のすきまから降り注ぐ木漏れ日の中を、夜はイルミネーションでライトアップされた雰囲気をお楽しみください。

住所:北海道富良野市中御料(新富良野プリンスホテル内)

こんな記事も読まれています