子どもの学力を伸ばす5つの子育てポイント

1,470 views

子供の学力を伸ばす方法は、勉強をさせる以外にも生活の中にたくさんのポイントがあります。

子供の勉強する意欲をサポートしながら、学力を伸ばす環境を作ってあげることが大切になります。

パパやママはどのような事を意識すべきか、まとめてみました。

ぜひ子供の学力アップの参考にしてください。



目標を達成させる

漠然と大きな目標を立てるのではなく、目の前の小さな目標を立てるようにしましょう。
目標達成のハードルを下げて、いくつもクリアしていくことで子供の心に達成感が生まれ、次の目標への意欲へとつながっていきます。
高すぎる目標は、失敗したときに大きな挫折を味わいます。
人生の中では、挫折を味わうのも必要ですが、小さい頃はまず達成する喜びをたくさん経験するようにしましょう。
またその目標達成に対し、しっかり褒めて認めてあげるようにしましょう。

子供と会話をする

子供と会話を密に行うようにしましょう。
今日の出来事や学校でのこと以外にも、ニュースや地域の話など色々な話をしましょう。
様々な事柄を会話することで、自分の意見をまとめたり、伝えたりする考える力が養われていきます。
またパパママの意見を聞くことで、物事の見方や違う角度からの考え方を学んでいくことになります。
難しい話をする必要はありませんが、子供が理解できる話し方で会話を楽しむように心がけましょう。
そうすることで、子供だけでなく、パパママも子供の考えや思いを理解できるようになります。

集中する時間を作る

長時間の勉強は子供の集中力をなくし、無駄な時間となってしまいます。
勉強をするのは、時間ではなく質にこだわるようにしてみましょう。
「1時間勉強する!」ではなく、「この問題まで終わらせる」という風に変えるだけで、子供には目標がわかりやすく、集中力を格段にアップします。
集中することで、深く問題を理解し、答えを導くために色々な方法を考えるようになります。
また時間を設定するのであれば、その子に合わせて15分~20分程度の集中力が続く程度にしましょう。

規則正しい生活をする

生活が不規則で睡眠不足が続くと、次の日の学習意欲が下がってしまいます。
生活リズムが乱れていると、学習面だけでなく、学校での生活態度にも問題が出てきてしまいます。
まずは体調と生活リズムを整えて、毎日の生活がスムーズにできるような環境を作りましょう。
また朝ごはんも子供にとって、1日の元気の源になります。
栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

読書をする

本を読むことで、たくさんの知識やモノの考え方を得ることができます。
また本を読むことで想像力を養い、文法や文章構成、様々な語彙を理解できるようになります。
集中力を高めるという視点からも、読書は大変オススメです。
本から学ぶことはとてもたくさんあるのです。
本に苦手意識を持たないように、小さな頃から本を楽しむ環境を作ってあげることも重要です。

こんな記事も読まれています



シェア