赤ちゃんの予防接種の種類と費用

1,472 views

予防接種と言えば赤ちゃんはみんな嫌がりますよね。予防接種には任意と定期と2種あるほかに種類もたくさんあります。予防接種は赤ちゃんの為にも全て接種した方が良いですが任意については費用もわりと高額で必要なさそうなものもありますが逆に受けておいた方が良いものもあります。任意予防接種の種類や費用をまだ詳しく知らないママのお役に立てればと思い予防接種の種類と費用をまとめてみました!

定期予防接種

定期予防接種の種類はBCG・四種混合・はしか・水ぼうそう・ヒブ感染症・小児用肺炎球菌になります。ヒブ感染症と小児用肺炎球菌は生後2ヶ月から受けられ計4回接種します。また定期予防接種で重度の副作用がでた場合は国から補償されます。

任意予防接種

ロタウイルス胃腸炎・B型肝炎・A型肝炎・インフルエンザ・おたふく風邪・狂犬病があります。ロタウイルス胃腸炎は嘔吐や下痢を繰り返し脱水症状になり感染症で赤ちゃんがかかると重症になる危険性がある為に1回の接種費用は15000円で高いですが接種する価値はあります。生後2ヶ月と3ヶ月計2回行います。またインフルエンザは13歳未満の子供には1回では免疫がつかない為に2回接種することが推奨されています。効果は5ヶ月程です。

1歳までにかかりやすい感染症は?

母乳から得ていたママからの免疫も生後3から4ヶ月を過ぎると免疫力も弱まって病気に感染してしまいます。次にあげるのが生後半年から1歳までの間に掛かりやすい感染症です。突発性発疹・ロタウイルス感染症・はしか・風邪・手足口病・水ぼうそうです。
ロタウイルス感染症の予防接種は前にもあげたように費用が高いですが健康を買ったつもりで接種すれば安いものだと思いますよ!

任意予防接種の費用

ロタウイルス胃腸炎は成分は殆ど同じですが種類が2種類あります。ロタリックス1回15000円ロタテック1回9000円ロタリックスは計2回ロタテックは計3回接種になります。B型肝炎は1回6000円計2回。おたふく風邪1回6000円を計2回。A型肝炎は1回8900円を計2回。狂犬病は1回16500円を計3回。インフルエンザは1回3000円計2回となります。

まとめ☆

費用については地域によって若干の誤差があると思うので気になる任意予防接種があったら各自治体に聞いてみると良いと思います。またアレルギーの心配などがあれば接種前に医師に相談することをお勧めします。また任意予防接種で安心を買うつもりで受けた方が良いものとしてはB型肝炎・インフルエンザ・ロタウイルス感染症の3つだと個人的には思います。節約出来る所はしてこういう物に費用を使ってあげることも重要かもしれないですね!

こんな記事も読まれています