結婚式のタイプ別特徴まとめ。スタイルは様々♪

1,178 views

結婚式と一口に言っても、いろいろなタイプがありますよね。神前やチャペルなど、自分たちに合ったスタイルの結婚式を選ぶことができます。今回は、タイプ別結婚式の特徴についてまとめてみました。式を挙げる際の参考になさってくださいね。

教会式

真っ白なウエディングドレスを着て、バージンロードを歩く教会式の結婚式は、花嫁の憧れでもありますよね。ロマンチックな教会式は、やはり人気があります。結婚式会場のチャペルも、その会場によって雰囲気が全然違うので、下見に行くのも楽しいですよね。二人の選んだ素敵なチャペルで感動的な式を皆に見てもらいたいですね。

神前式

三三九度、雅楽や和装をはじめとする日本古来の伝統的な挙式スタイルです。ホテルや式場の神殿でもできますし、神社での本格的な式も可能です。古くさいとか、和装が似合わなそうとか、親族しか列席できないなどと思ってはいませんか?今は、かわいらしい和装があったり、会場が広く、友人たちも皆列席できるところも多くなりました。伝統を重んじながら、凛とした雰囲気の中で行われる神前式は、近頃また人気が出てきているスタイルなんですよ。

人前式

人前式とは、形式や格式にとらわれず、列席者に結婚の証人となってもらうスタイルです。ふたりにとって思い出の場所を会場にしたり、ふたりで考えたアイデアを活かしたオリジナルの進行で行えたりするので、素敵な思い出になりそうですね。衣裳や式次第、宣誓文も自分たちでプランニングできるので、演出次第で、格調高くも、アットホームにもできますね。自分たちでアイテムなどを準備することもできるので、費用を抑えることもできます。

仏前式

教会式や神前式の結婚式を挙げる人は多いので、みなさんもイメージしやすいと思いますが、仏前式というと、どのような感じなのか、わからない人も多いのではないでしょうか?芸能人だと、東貴博さんと安めぐみさんも、仏前式での式を挙げました。仏前結婚式は、一度結婚したら、来世でも縁が結ばれるという仏教の教えに基づいて、新郎新婦が仏の前で来世までの結びつきを誓うんですよ。また、祖先に結婚の報告をして、2人のめぐり合いを仏に感謝する儀式でもあります。本尊の前で夫婦の誓いをかわし、念珠を受けて焼香して、盃をかわします。仏教にはいろいろな宗派がありますが、両家のどちらかが挙式を行う寺院の宗派に属している必要があります。仏前結婚式は、お寺や自宅の仏壇の前で行われることが多いようですが、ホテルや結婚式場でも仏前式を扱っているところもあります。仏前結婚式の衣装は、神前結婚式同様、白無垢と羽織袴が一般的ですが、ウェディングドレスなどでも大丈夫です。

2人だけで

最近は、結婚式を挙げずに、籍だけを入れるとか、写真だけ撮る、というカップルも多くなっていますね。二人だけで過ごす大切な時間というのも、ロマンチックですよね。二人だけの心に残る、素敵な記念日を作ることも一生の思い出になりますよね。

こんな記事も読まれています