妊娠中のおやつにおすすめのドライフルーツ5選

25,815 views

妊娠中は体重管理に気を使うため、自由におやつが食べられないですよね。

甘いものが食べたい、口寂しい…そんな時におすすめなのがドライフルーツです。

お菓子よりは太りにくく、栄養も摂ることができます。

特に妊娠中に食べたいドライフルーツをご紹介します。


新型出生前診断を全国の駅チカで受けられます。(土日祝も予約OK)




バナナ

つわりの時におすすめしたいのがバナナチップスです。

つわりの時には、ビタミンB6が症状を和らげてくれると言われています。
バナナにはビタミンB6がたくさん含まれているので、つわり中にぴったりと言うわけです。

生のバナナでもいいのですが、バナナチップスは少量ずつ食べられるのがメリット。
価格もお手頃で、スーパーで手に入りやすいのが嬉しいですね。

いちじく

ドライいちじくも妊婦さんにぴったりのドライフルーツです。

便秘に悩まされがちな妊婦さんに嬉しい食物繊維がたっぷり。
鉄分、ミネラル、カルシウムなども豊富に含まれています。
また、カリウムも多く含まれているので、血圧を下げてくれます。
つまり妊娠中毒症の予防になるというわけですね。
むくみの解消にも効果がありますよ。

あんず

妊娠中は、貧血になってしまう妊婦さんが多いですね。

鉄剤を処方されることも多いですが、副作用が出る方も。
どうしても胃がムカムカしてしまい、鉄剤が飲めずに点滴…というケースもあるようです。

そんな時におすすめなのがあんずのドライフルーツ。
あんずは鉄分が非常に豊富で、しかもドライフルーツだと生あんずの7倍もの鉄分が含まれています。

食事だけでは鉄分がきちんと補えていないな…と思ったら、ぜひあんずを食べてみてください。

プルーン

プルーンは食物繊維が豊富なため、便秘に効くフルーツとして知られていますね。
もちろん、妊娠中にもおすすめです!

妊娠中は便秘になりやすいですが薬には頼れません。
1日2~3個のプルーンを食べると、適度な整腸効果が期待できます。

プルーンはビタミンAも多く含まれています。
このビタミンA、妊娠中に過剰摂取すると胎児が奇形・先天性異常を持って生まれてくる可能性があります。
くれぐれも食べすぎには気をつけてくださいね。

デーツ

デーツは日本ではあまり馴染みのない果物ですね。
西アジア原産のなつめやしの実のことです。

食物繊維、マグネシウム、ミネラル、カリウム、鉄分など妊婦に嬉しい栄養がたくさん含まれています。
イランでは、妊娠中の女性が毎日2~3個のデーツを食べると丈夫な子が生まれると言われているそうです。

干し柿に似た強い甘みがあり、ヨーグルトなどに入れても美味しいですよ。
店頭で手に入れることは難しいと思いますので、インターネットなどで探してみてくださいね。



こんな記事も読まれています