家にひそむ子供にとっての危険な場所&家具5選

2,001 views

小さな子供にとっておうちの中はおもちゃ箱。あちこちにあるすべてのものに興味を持ちます。そうなれば赤ちゃんにとって危険なものも数多くでてくるのです。

あなたのおうちは大丈夫?

さぁ、お家チェック始めてみましょう!



テーブルやイス

あなたのおうちはどんなテーブルや椅子をつかっていますか?

我が家は昔ながらの掘りごたつ。ごつごつで頑丈なものでした。

伝い歩きも始まり子供たちは一緒懸命歩きます。またよちよち歩けるようにもなりました。

ここからが危険が増えます。

支えにしてた手が外れてゴツン!!
床に転がったおもちゃをふんでよろけてゴツン!!
いつどこで転ぶかわからない赤ちゃんにはテーブルも危険なんです。

また角が尖ったものも危険ですよね。そんなときはテーブルにクッション性のテープなどが売っているのでカバーしてあげるとケガや痛みの軽減になると思います。

鏡台

今は化粧台を使ってる方はすくないかな?ですが鏡の周りにお化粧品や化粧水、また小さなアクセサリーなど置いていませんか?

小さな子供は興味本位であちこち手を伸ばしお口の中へ入れてしまいます。

化粧水を飲み物だと思ってしまったり、アクセサリーなど小さなものは特に危ないですね。

お子さんがそういったものを理解するまでこういうものは手の届かないところにしまいましょう。

コード

お家のなかに電気コードはたくさんありますね。みなさんどのように収納していますか?

長くてニョロニョロ、子供は興味をしんしんです。またプラグにささったコード。これもまた子供たちは気になります。

ですがこれもまた危険。

首にぐるぐる巻き付けてしまったり、感電してしまったりと命を落としかねません。

なかなかコードをすべて管理することは難しいですが、ぜひこういう危険があるということを頭において注意してあげましょう。

ヘアアイロン、アイロン

こちらも事故、ケガの多いものですね。

使用中はもちろん、使用後まだ冷めていない器具をおいたままなんてことありませんか?

アイロンにひっかかって倒した拍子にやけど、触ってしまってやけど少しの不注意が大怪我につながってしまいます。

こちらも管理を注意深く行いましょう。

トイレ

トイレにも危険はあるんです。
使用後扉をきちんとしめましたか?

少しの隙間でも小さな子はあけて入ってしまいます。

便器の蓋を開けっ放し、薬剤の蓋はきちんとしめてありますか?

よじ登って便器の中にドボン!!
薬剤の誤飲などたくさんの危険があります。

こちらも蓋をしめる。
扉はきちんと閉めるといった行動が事故防止につながります。

こんな記事も読まれています