必要最低限の出産準備をしよう【ムダ買いしてない?】

1,947 views

もうすぐ出産。そろそろ準備をしないといけないけど、雑誌やネットを調べても、揃えるべき物が多すぎて

本当に必要なものが何なのかわかりづらい事が多々あります。

そこで出産準備に最低限、必要なものをご紹介します。



1.新生児用オムツとおしりふき

オムツは新生児用で1袋買っておきましょう。
オムツには使用感や使い心地もありますし、たくさん買ってしまうとサイズアウトして使えなくなってしまう可能性もあります。足りなくなればネットでも近くのお店でもすぐに購入できるので、初めは少なめに用意しましょう。
まとめ買いは赤ちゃんとの生活になれて、オムツのサイズや使用しやすい銘柄、使用量などが把握できてからにしましょう。
おしりふきも同様に、赤ちゃんには合う合わないがあります。
成分によってはおしりかぶれの原因になってしまうこともあります。
最初は少なく買っておき、赤ちゃんに使用して問題なければ箱買いをしましょう。

2.ベビー服

・短肌着 3~4枚
・長肌着orコンビ肌着 3~4枚
・カバーオール 1~2枚
季節にもよりますが、この程度必要になります。
夏は、お家の中であれば短肌着か長肌着1枚でも過ごせますが、汗を多くかく時期ですので、こまめに着替えをしてあげましょう。
冬は短肌着・長肌着をセットで着用し、外出時や寒い時にはカバーオールも重ねましょう。
出産前に買いすぎてしますと、赤ちゃんのサイズによっては小さすぎて着れなかったり、大きすぎて時期が合わなくなったりしてしまいます。最低限のベビー服を用意し、生まれた後で必要に応じて買い足していきましょう。

3.ヘルスケア

・体温計
・ベビー綿棒
・爪切り
・ガーゼ

赤ちゃんの体調は変わりやすく分泌も激しいので、衛生面でも気をつけてあげたいことが多々あります。
ベビー綿棒は耳や鼻などの清掃に大変便利です。
ガーゼも顔や体の汚れを拭いたり、沐浴の時にボディタオルとしても大活躍してくれるので、少し多めに用意しておいても大丈夫です。
その他、オムツかぶれを起こしたときや、乳児性湿疹や便秘のとき等に、活躍してくれる洗浄綿やベビーパウダー・ベビーオイルなどもありますが、生まれた後、必要に応じて買い足していきましょう。

4.お出かけグッズ

・チャイルドシート
これは車の乗る方であれば、ぜひ出産前に購入しておきたいものです。
出産後の退院する時から必要となるものです。
また赤ちゃんの体調は不安定なため、退院後にも通院することもありますし、1週間検診や1ヶ月検診で外出する際にも必要となります。病院に行くのに車を使わない方であっても、赤ちゃんとのお出かけに、いずれは必要となっていくので、産前の時間に余裕があるときに選んで買っておくべきです。

5.ママの準備

赤ちゃんを迎える準備に追われて、ママの準備までになかなか手が回りません。しかし必要なものをしっかりそろえて出産に備えましょう。
・病院から指定されている入院準備
・母乳パッド
・産褥パッド、生理ナプキン
・授乳ブラ
・授乳ウエア、パジャマ

出産後は日に日に母乳の出が良くなり、体温が上がったり、授乳の時間になると母乳があふれ出ることも。ブラや服に染みないように用意していたほうがいいでしょう。
出産後はしばらく悪露が続きます。初めのうちは産褥パッドを使用し、そのうち生理ナプキンに代用もできます。
母乳パッド・生理ナプキンはしばらく使用するので、少し多めに買っておきましょう。
授乳ブラは母乳の出を良くするためにも、なるべく締め付けのない楽なものを選びましょう。
また病院から支給される物の中にパッドなどが含まれていることもあるので、産院からどのようなものが支給されるのかもしっかり把握して必要最低限の出産準備をしてみましょう。

こんな記事も読まれています