覚えておきたい私立幼稚園選びのポイント5つ

2,248 views

はじめて親から離れて生活をする場所でもある幼稚園。

親もどんな場所なのかドキドキしますよね。

それぞれ違う教育方針を掲げている私立だと幼稚園によって全然違いますよね。

入園を決める前にどんなことをチェックしておくと良いのか5つまとめてみました。



1・月謝

どこまでふくまれているかが園によって違うので気を付けないといけません。
バス代が一緒に含まれていたり、別途だったり。
給食費が含まれていたり、別途だったり。
園によってかわります。
他にも施設費やPTAの会費などもあったりします。
ちなみに幼稚園では長期休暇の月も月謝を払っているところが多いです。
それはなぜかというと1年間に納める金額を12カ月で割って月謝にしているからです。
預かり保育を放課後や長期休暇に実施している幼稚園もあります。
そのときにかかる費用も調べておきたいですね。
長期休暇の月の月謝は払っていても、それプラス休みの預かり保育代金を払う幼稚園も多いですよ。

2・給食

完全給食の幼稚園やお弁当の日が週に何回かある幼稚園。
他にも基本的にお弁当だけど幼稚園で買うことも出来る園など色々あります。
給食も園で作っている場合と委託している場合などあります。
またアレルギーがある子供がいるならアレルギー食の対応も気になりますね。
皆と同じような見た目で代替え食を作ってくれる園も増えてきているようです。

3・制服

全部が制服の園もあれば、私服にスモックだけを着る園もあります。
制服の価格も気になりますし、私服の園だと私服も多めに買うことになります。
また鞄も制服と同じところもあれば市販や手作りという園もあります。
持ち物なども園指定の持ち物ではないといけない園や自由な園など様々です。

4・習い事

最近の幼稚園では専門の先生を呼んで習い事をさせているところが多いです。
月謝にふくまれていて皆でやる習いごとや放課後に別料金するものなどもあったりします。
放課後にするものだとわざわざ習い事に送っていくことがなく、終わった時間にいつもの幼稚園にお迎えに行くだけなので楽です。

5・雰囲気

やっぱり最終的にチェックしておきたいのは雰囲気ですよね。
幼稚園の見学だけでは実際のところはなかなか分かりません。
園庭開放をやっている園も多いのでそのときに雰囲気を見るのもいいですね。
あとは運動会も未就園児が出ることが出来るプログラムがある園も多いと思います。
その時に見に行くのもいいですね。
あとは親の直感で合う合わないを見極めるのも必要だと思います。

こんな記事も読まれています