お色直しはどうする?皆が着たい色、またトレンドは何?

3,976 views

披露宴をするとなると、やっぱりお色直しのドレスも着たいですよね。
この頃ではウエディングドレスをアレンジしてお色直しとして着て
登場する花嫁さんもおられるようです。

そこで、今回は皆がどんな色のドレスを着たいと思っているのか
またトレンドなどについて書いていきたいと思います。



お色直しの回数は?着たいカラーは?

結婚披露宴を行った花嫁さんたちに聞くと、お色直しの回数は一回で、ウエディングドレスとカラードレス1着づつという方が多いようです。
和装も是非!という女性はウエディングドレスと色打ち掛けとという風に和洋折衷でお召しになる方もいるようですね。

今まではビビッドカラーが主流とされてきましたが、最近はミントやパステルピンクなど淡いシャーベットカラーがトレンドとされているようです。またそういう色を着たいと思う女性も多いようですね。

やはり二着目は白から大胆にイメージチェンジして登場したい、お客さんをあっといわせたいという人が多いのかも。

お色直しのもともとの意味は?

「お色直し」とはもともと和装の結婚式で、新婦が白無垢から色打ち掛に着替えることでしたが、現代ではウエディングドレスからカラードレスへのお色直しも一般的になっています。

由来と言うものは諸説ありますが、奈良時代から明治時代まで、結婚して三日間は白い着物で生活し、四日目は色のあるものを着ることが許されたから、とも言われています。

戦前までは結婚式は新郎の家で行うのが通常だったために、花嫁は持参した着物の中から一着を着て招待客の前にお目見えするのが習慣だったから、との説もあります。

真っ白な状態からその家にとついでその家の色に染まる、というのがその意味とされていますから、白いウエディングドレスからカラードレスへのお色直しは理にかなっているともいえますよね。

あなたに似合う色とは?

まずはどの色が自分に似合うのか?できるだけ試着してみることをおすすめします。

顔色が明るく見えるものがおすすめです。自分は「この色が似合わない」と思っていても、いざ試着すれば似合うということもありますので、その際にはどなたか一緒に行って、見てもらうのがいいでしょう。相談しながら決めることができます。

また会場の壁の色や床の色によっては多色すぎて、あまりにも派手派手しくなってしまいますから、その辺のバランスも考えた上でドレスを選ぶことが大事です。

ウエディングドレスをアレンジしてお色直しする場合は

せっかくだからずっとウエディングドレスを着ていたい!という女性ももちろんおられるでしょう。最後まで悩んだもう一着をお色直しで、という方もいるはず。

お色直しで「白」を着てはいけないという決まりはないですので、もちろんそれもOKでしょう。

しかしお色直し後の変化がわかりづらいと招待客は肩透かし..ということも実際あるようです。

ですので二着目はちょっとクリーム・ベージュがかかった色をセレクトするとか、ミニの丈にしてみるとか、ちょっと工夫をしてみましょう。

またお色直しでもなぜ白いドレスを選んだかについて、こだわりのポイントを司会進行の方に伝えてもらうのもいいかと思います。

最後に、おすすめのカラードレス

神田うのさんデザイン・プロデュースのシェーナ・ドゥーノのカラードレスです。

女性らしさいっぱいのデザインでありながら締まった雰囲気も感じさせるメリハリのあるカラードレスですね。
きっとあなたを輝くヒロインにしてくれることでしょう。

もう一着も人気のブランド、バービーブライダルです。バービー人形のように華やかに美しくという感じでしょうか?

バックの大きなピンクのリボンとフリルに思わず釘付けになるキュートなデザインです。

こんな記事も読まれています