あこがれの北海道子連れ旅行で気をつけたいこと

1,332 views

初めての北海道旅行。
広い大地、美味しい食べ物・・・憧れますね。
お子さんと一緒に味わう大自然は、格別なものです。
お子さんにとっても、良い思い出になりますね。

でも、気をつけたほうがいいこともいくつかあります。
ぜひ、参考にして、より楽しい時間を過ごしましょう。



日程

パック旅行なら大丈夫だとは思いますが、個人で予定を立てて旅行をするときには、特に気をつけてほしいことです。
北海道は、思っているより広いです。
札幌から日帰り可能な人気の観光エリアはそれほど多くありません。
必ず、地図と実際の距離を調べて、予定を立てましょう。
公共交通機関で移動するときも、首都圏のようにたくさんの便数があるわけではありません。
札幌と地方の都市を結ぶJRでさえも、せいぜい1時間に2本くらいしかありません。
また、地方では、ネット環境がそれほど良くない場合があります。

対策・・札幌からなら、小樽・ニセコ・旭川・洞爺湖までなら日帰り可能。子どもがいると、予想外のことに時間を費やすことがあるので、計画は余裕を持って立てる。地図やガイドブックなどは、ネットが使えないときのことを考え、紙で用意する。

寒さ対策

北海道の夏は涼しい、ということが分かっていても、実際はどうなのでしょうか。
日中は、盛夏でしたら、30度近くなり本州並みに暑くなります。
しかし、夕方ともなると、30度という気温はうそだったのかと思うほど、涼しくなってきます。
具体的に言いますと、20度以下になります。
しかも、風が冷たいです。
日中いくら暑くても、夜も屋外にいるという場合は、必ず上に羽織るものを持っていくようにしましょう。
ちなみに、北海道の人は慣れているので、意外と薄着かもしれませんが、本州の方は、真似してはいけません。

対策・・上に羽織るもの(カーディガン、ウインドブレーカーなど)を用意する。長袖長ズボンも持っていくと、なお可。

食事

観光客が多く集まる観光地でしたら、心配はないと思いますが、そうではないところに行くときは要注意です。
「行った先で、何か適当に食べよう」などと思っていると、お店などがなくて、何も食べられなかったということも無きにしも非ずです。
コンビニなどもとても少ないですし、お店も早く閉まってしまいます。
大人だけなら、何とかなりますが、子どもがいれば大変です。

対策・・子どもの分くらいは準備してから出かける。途中、道の駅やお店があったら、「次に見つけたお店で買おう」などとは思わず、その場で買う。または、次のお店を地図でしっかり確認する。夜、外食したい時は早めの時間に行くこと。

買い物

都市部以外では、大きいお店もコンビニも、少ないです。
しかも、早い時間に閉まってしまいます。
町と町の間が、かなり離れているため、買い物一つするのにも移動時間がかかることも考えられます。
ガソリンスタンドなども、地方に行けば行くほど少なくなりますので、要注意です。

対策・・現地で調達しようなどとは考えず、きちんと前もって用意していく。ガソリンは余裕を持って入れる。

銀行

都市部だと、深夜でもコンビニなどでお金を下ろせますが、地方ではそうはいきません。
そもそも、コンビニも銀行も、とても少ないです。
また、小さいお店ならクレジットカードも使えない場合が多いと思います。

対策・・お金が足りなくなりそうになったら、前もって下ろしておく。郵便局なら、たいていあるので、ゆうちょ銀行の口座を用意しておく。当然のことながら、郵便局やATMの営業時間を必ず確認しておく。クレジットカードや電子マネーは当てにならないと思っておこう。

こんな記事も読まれています



シェア