年齢別おすすめボール遊び。子供と一緒にやってみよう!

6,247 views

誰もが遊んだことのあるボール遊び。

昔からある定番の遊びですよね。

でもボール遊びにも発達段階に応じて色々な遊び方があるんですよ。

ぜひ参考にして子供と遊んでみてください。



0歳から2歳

赤ちゃんがはじめに手にするボールと言えばオーボールが定番ですね。
ボールが網目になっていて赤ちゃんでも簡単んい持つことができます。
やわらかい素材なので安全でもあります。
ボールとして遊ぶと言うよりは最初はなめてみたり、振ってみたりして感触を楽しみます。
はいはいが出来るころになるとボールを追いかけて動くことができます。
ボールを少し転がすと追いかけて楽しんだりしますよ。
ボールが転がる感覚を一緒に楽しみましょう。

3歳前後

3歳前後になると動きの緩やかなボールを投げたり受けとめたりできるようになります。
やわらかい素材のボールで、まずは近い距離から手渡しするような感じからはじめましょう。
慣れてくるとゆっくり投げたり、受け止めたりができるようになりますよ。
ケガをしないような素材のボールを選びましょう。
また新聞紙などを丸めて自作のボールを作って遊ぶのも楽しいですよ。

4歳前後

4歳前後になると投げる、持って走る、足で蹴るなどさまざまな遊び方ができるようになってきます。
ボールを思った方向に転がすなどのコントロールもできてきますよ。
公園などでボールの蹴り合いなんかも楽しめます。
使うボールはサッカーボールなどかたいボールはまだ危険なのでやわらかめのボールだと万が一当たってもそんなに痛くなく怪我の心配もないですよ。

5歳前後

5歳前後になるとルール覚えて、ルールを守って遊ぶ事ができます。
大勢で一緒に楽しむドッジボールやサッカーなどの遊びもできるようになります。
しかしドッジボールのボールを受け止めるのには経験が必要なので親子でボールの投げ合いをして慣れるといいですよ。
サッカーのルールも子供には複雑ですよね。
親子で勉強してみましょう。

気をつけて

最近は子供のボール遊びが騒音で苦情の対象になることが増えているそうです。
そしてボール遊び禁止の公園なんかも増えているようです。
また家の前でボール遊びをして危険という意見もあるようですよ。
そうなると子供はどこでボール遊びをすればいいのかとなってしまいますよね。
まずは苦情にならないようにルールをきちんと守ってボール遊びをすることが大切だと思います。
楽しく遊ぶためにも小さいうちからそういうルールも子供にきちんと教えておきたいですね。

こんな記事も読まれています