育児ノイローゼになりやすい人&ならない様に気を付けたいとこ

2,151 views

育児ノイローゼとは育児のストレスや生活リズムの変化のよって起こると言われ、人から見て分かるくらい具体的な神経症という病的な症状が出てきます。

ほとんどのママは少なからず育児ノイローゼになると言われていて、ママの性格や環境よってもかかりやすいかが変わります。

どんな性格の人がかかりやすいのか、ならないようにするにはどうすればいいのかをまとめました。



頼れる場所がない

育児ノイローゼにかかりやすい環境として核家族のママが多いです。
実家が遠い、頼れる人が近くにいないなど、ママの負担が大きくなっています。
一時預かりやシッター、子育てサポートなど気軽に利用して、2~3時間でも自分の時間がとれる様にしましょう。

他人と比べてしまいがち

何かと他の人と比べてします人も要注意です。人のものは良く見えてしますのです。
自分が持っていないものに対してマイナス思考になるのではなく、出来ている事に目を向けプラスに考える事が大切です。

真面目で努力家

今まで努力や頑張りで結果を出してきた人は、うまくいかなかった時に自分を責めてしまう傾向があります。
子育ては思い通りにいかないことが当たり前だと考えましょう。
「努力だけではどうにもならないことがある」と理解するだけで、気持ちが楽になります。

自分のことは我慢

「子育てが一番大切、第一に考えないと」というママは自分を抑え込み過ぎです。
やりたい事を我慢し、自分の時間が全く取れないとストレスになっていきます。
例えばお昼寝の時に家の中で出来る事など、少しでも子供と離れストレスを解消できるものを探しましょう。

子育てに自信がない

「失敗したくない」という気持ちからなんでも完璧にこなそうとするのは危険です。
育児書やネットなどで色々育児に関する事を調べすぎ、結局どうすればいいのか分からなくなりパニックになってしまいます。
完璧ではなく、「理想の6割出来ていれば合格」と心に余裕を持ちましょう。

少しでも人とのつながりを持つことで孤独感がなくなり、不安や悩みを一人で抱え込まない様にすることがとても大切です。
育児ノイローゼにならない様に、また、なってしまった時はどうしたらいいのか一度考えてみてください。

こんな記事も読まれています