夏にぴったりな国内作家の絵本5選。読書で学ぶ季節感

2,256 views
夏絵本

子供への絵本の読み聞かせを習慣にしているご家庭も多いのではないでしょうか。

絵本が大好きで「読んで!」とせがむお子さんも少なくないですよね。

市販されている絵本は星の数ほどあります、そんな中からどうやって選んでいますか?

今回は目と耳を通して「夏の季節感」を感じることのできるおススメの国内作家絵本をまとめてみました。

四季を楽しむ日本人ならではの感性を育んじゃいましょう。



「ぴよちゃんとひまわり」

「ぴよちゃんとひまわり」
作・絵:いりやまさとし
出版社:学研

ひまわりを大きく育ててから葉っぱを食べようと種をまいたひよこのぴよちゃん。
夏の間中、ひまわりと一緒に過ごしたらすっかり仲良しになっちゃって…
命を育み、慈しむやさしさとやがて来る別れの切なさを柔らかく描いたほんの少しだけほろ苦い作品です。
ふんわり優しい雰囲気の「ぴよちゃんシリーズ」は他にも仕掛け絵本など多く出版されているので併せてチェックしてみてください。

「ねこのはなびや」

「ねこのはなびや」
作・絵:渡辺有一
出版社:フレーベル館

海の花火大会。
ねこの花火師たちが3チームに分かれてそれぞれの花火の出来を披露します。
ちょっと斬新な花火、ダイナミックな花火、幻想的な花火…
眺めているだけで大人も子供も心が躍るそんなお話です。
夏の風物詩「花火」をテーマにした絵本は季節感を感じるのにぴったり。
花火をまだ見たことがない小さなお子さんでも、色とりどりイラストや耳に心地よい擬音で十分楽しむことができます。

「ぐりとぐらのかいすいよく(海水浴)」

「ぐりとぐらのかいすいよく」
  作:中川 李枝子
  絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店

お馴染みの野ねずみのぐりとぐらが活躍するシリーズから夏にぴったりな一冊をご紹介します。
海水浴にやってきた二人が砂浜で見つけた小瓶…
入っていたのは手紙と地図と浮き袋。
大人が抵抗を感じるほどの突飛なストーリーですが、子供にはそんな理屈関係ありません。
ワクワクドキドキが止まらない新しい海の楽しみ方を発見できる作品です。

「おまつりおばけ」

「おまつりおばけ」
  作:くろだかおる
  絵:せな けいこ
出版社:フレーベル館

おまつりに行こうと支度をしていたおばけの一家…
でも子どもたちが人間の泥棒に捕まった!!
ハラハラドキドキとほっこり安心感が絶妙にミックスしたちょっと斬新な夏物語です。
カラフルにペイントされたおばけの子供たちの場面なんかとってもキュート!
「夏祭り」「肝試し」「おばけ」日本人ならではの涼のとりかたもまた夏の風物詩のひとつ。
「おまつりおばけ」は少しも怖いお話ではありません。
だから涼はとれないかもしれませんが、日本ならではの夏の一面を感じることができますよ。

「なつのおとずれ」

「なつのおとずれ」
作・絵:かがくい ひろし
出版社:PHP研究所

「梅雨明けはもうすぐでしょう」
そんな知らせに最初に立ち上がったのは太陽。
そしてメロンにスイカ、続いてセミ、カブトムシ、かき氷、ソフトクリーム…
夏の代名詞たちが続々と夏に向かって走り出します。
「夏はこうしてやってくるのかな?」
「夏って楽しい!」「夏っておいしい!」
迫力のあるコミカルなイラストが子供に夏の魅力と風物詩を教えてくれる作品です。

いかがでしたか?
気になる作品は見つかったでしょうか?
季節に合った絵本を読み聞かせることでお子さんに楽しく日本の四季を感じてもらえたらそんな素敵なことはありませんよね。
是非、とっておきの夏絵本を見つけてみてください。

こんな記事も読まれています