男性の結婚式お呼ばれマナー5つ

11,199 views

結婚式のお呼ばれマナーといえば、女性についてはよく知られていますよね。

白い衣装はダメ、黒ストッキングはダメなど。

では男性のお呼ばれマナーはどのようなものがあるのでしょうか?

今日は男性の結婚式お呼ばれマナーを5つご紹介します。



スーツ

まずは当日の服装、スーツですよね。
それ以外を着用して出席するゲストはあまりいないでしょう。
しかし、スーツと一口に言っても結婚式に相応しいものとそうでないものがあります。
結婚式は「礼服」で、落ち着いた色味の黒やグレー、濃紺などを着用すると良いでしょう。
リクルートスーツや安っぽいスーツはマナー違反ですから気を付けてください。
カラーも派手なものを着用すると、新郎よりも目立ってしまいますから要注意です。

シャツ

せっかくの日だからおしゃれにキメたい、そう思っている男性もいるようですが、結婚式はおしゃれをして目立つ場ではありません。
フォーマルな場では白シャツが基本です。
カジュアルなパーティであればカラーシャツやストライプシャツも大丈夫ですが、白シャツを選んでおくほうがマナーとしては安心です。
自分の友人だけが出席しているわけではありませんので、誰が見ても不快にならないように気を付けられることが大人のおしゃれですよね。

ネクタイ

最近はカラーのネクタイをしている人が年齢問わず増えていますが、マナーとして考えると、光沢感のある白色もしくはシルバーが正解です。
柄は無地を選ぶと良いです。
スーツにあったパステルカラーのネクタイなどは許容されることが多くなってきていますので、あまり派手なものでなければマナー違反とまでは言われることはないでしょう。
ネクタイの中で、絶対に避けたい色は黒です。
黒は葬式をイメージさせ、縁起が悪いので柄が入っていたとしてもマナー違反になりますので気を付けましょう。

足元

結婚式で意外と見られているのが足元です。
フォーマルな場所で着用すべきは、靴ひもが付いている、ストレートチップの靴です。
色は黒が基本になりますので、ブラウンやグレー、ネイビーなどのカラーは避けましょう。
また、普段のビジネスシューズを履いてくるのもマナー違反ですから、フォーマル用に一足準備しておくと良いです。
靴下も黒が基本ですよ。
靴も靴下も事前にお手入れをきちんとして、汚れや毛玉のついたものを着用することのないようにしておきましょう。

バッグ

男性は女性に比べて荷物が少ないので、バッグを持たない人も多いです。
それ自体は特に問題はないのですが、バッグを持たずに袱紗や財布、携帯電話を手に直接持っている人は少し見苦しくスマートではありません。
そのようなときはクラッチバッグを持つようにしましょう。
スーツやシャツほどに厳しい決まりはありませんが、ビジネスバッグやリュックを持ってくることは避けたいところです。
色はスーツに合わせたもので、落ち着いたデザインを選ぶと良いですよ。

こんな記事も読まれています