列車好きなお子さんにおすすめの絵本ベスト5

2,163 views
DSC_2601

乗り物の中でも、列車が好きなお子さん多いですよね。我が家の子どもも大好きです。

絵本はそんなに興味がなかった我が家の子どもですが、列車の絵本がきっかけで絵本好きになりました。

沢山ある列車の絵本の中でおすすめな絵本をまとめました。



がたんごとん がたんごとん

0歳から楽しめる絵本です。「がたんごとん、がたんごとん、乗せてくださ~い」とおやつ達を乗せていくという内容です。最後は、食卓へ到着して降りて貰います。
内容としてはすごく単純ですが、「次は何が乗るかな~?」「○○ちゃんは次何を乗せたいかな?」などコミュニケーションを取りながら読むことが出来ますのでおすすめです。
我が家では、夜寝る時に暗い部屋で「がたんごとん、がたんごとん、乗せてくださ~い」とやりながら寝かしつけをしてました。とても楽しい一冊です。

カンカンカンでんしゃがくるよ

1歳過ぎからの読み聞かせにおすすめな絵本です。「カンカンカン」という踏切の音や、「ゴーゴゴー」という電車の音を楽しみながら読めます。普段見慣れている通勤電車や貨物列車なども出て来ます。貨物列車を数えるという内容もありますので、数を数える練習も一緒に出来ます。出てくるキャラクターも子どもが好きな動物達なのでとても可愛いです。

ノラネコぐんだんきしゃぽっぽ

物語を理解出来るようになる2歳頃からの読み聞かせにおすすめな絵本です。イラストも可愛く、色鉛筆のような優しい色合いです。ワンワンちゃんが市場に品物を届けるために汽車に荷物を積み、少し休憩している間にノラネコ軍団が汽車を乗っ取ってしまうお話です。石炭を「エッホ!」と入れたり、「ニャーニャー」と話すノラネコ軍団の会話も楽しいです。大人が読んでも楽しい一冊です。

カードでピッ!でんしゃ

実写の電車などが好きなお子さんにおすすめです。図鑑のように電車や新幹線、汽車の写真と説明が書いてあります。その写真に乗っている電車などの音が鳴るボタンも付いているので、音でも楽しめます。さらに、定期券も付いていて、改札にかざすように定期券をタッチすると「ピピッ」と音が鳴り、電車に乗るような体験をすることが出来ます。

トーマスみ~つけた!

機関車のキャラクターのトーマスの絵本です。列車が好きなお子さんの中でも好きな子は多いと思います。こちらの絵本は物語という訳ではなく、ページのどこにトーマスがいるかな?他のキャラクターはどこかな?など探す要素が多い物です。
一人でも楽しめますが、「トーマスはどこかな?」「あったー!!」など一緒に楽しめる絵本です。難易度も色々あるので、お子さんに合わせて見ることが出来ます。
沢山ある情報から、自分の探している物を見つける、見つけることが出来たという達成感も味わえる知育絵本です。

こんな記事も読まれています