男に愛される女になる5つのポイント

1,399 views

愛するより愛される方が、女は幸せな気がする。

愛されるために、どんな女性であればいいのか

ちょっとしたコツを伝授しちゃいます。



いつも笑顔で、楽しい雰囲気を。

2人で会うのに、暗い顔をしていたら楽しいはずのデートも台無しに。
彼に会ったら明るく笑顔で振舞えば、彼は『俺と会えて嬉しいんだな』って思うでしょう。
せっかくのデートなんだから、楽しく過ごしたいもの。
彼に会えて一緒に過ごせて嬉しい気持ちを、そのまま笑顔にかえて彼に届ければ
きっと彼も笑顔で応えてくれるでしょう。

どんなに仲良くなっても気遣いを忘れずに。

彼とどんなに親密な関係になったとしても、さりげない気遣いは必要です。
食事中、口元についたごはん粒をとってあげるとか、さっとハンカチを差し出すとか
襟やネクタイを直してあげたりしても、嫌だと思う男性ってそんなにいないでしょう。
彼だけでなく、その場の状況に応じて気配りが出来る女性って、同性から見ても素敵だと思いませんか?

『はい』って返事をするのって意外と大事。

彼に何かを言われたとき、可愛らしく『はい』って返事が出来ますか?
コレ、意外と大事だと思うんです。
男って、女性に対する支配欲が少なからずあると思うんですよね。
だから何か言われたときに、素直に『はい』って返事をしてあげれば
彼はますます貴方を可愛いと思うんじゃないでしょうか。
反抗的な態度より、素直な方が絶対可愛いですよね。

あれもこれも、求めすぎてはいけない。

今はLINEで連絡を取り合うなんて当たり前かもしれない。
でも、ちょっと返事が遅くなったからってイライラしちゃ駄目なんです。
マメな性格の彼もいれば、全然返事をよこさない彼だっているんです。
まずはそこを見極めて、もしマメじゃない彼だったとしても
『なんで返事をくれないの?』なんて責めちゃ駄目。
彼を信じているのなら、気長に待てばいいんです。
彼に合わせてあげる余裕が持てたら最高かもしれないですね。

いくつになっても女を捨てない。

結局コレが一番大事な気がします。
いくつになっても女性であるべきです。
スタイルを気にして服装にも気を遣って、いつでも輝いている女性であるべきです。
言葉遣いも大切だと思うんです。乱暴な言葉を平気で使う女性って
同性から見ても引いてしまいませんか?
美人じゃなきゃ駄目なんてコトはないんです。
ちゃんとお化粧をする。40歳を過ぎてもミニスカートが履けるようなスタイルを保つ。
努力しなきゃ維持は難しいかもしれないけど、頑張るコトって大事です。
常に自分磨きを心がけて、彼に『大好き!』って言って貰えるように頑張りましょう!

こんな記事も読まれています