「ほんと?育児で一番大変な時が一番可愛い時」

1,504 views

「今は大変な時でしょう。でもその時が一番可愛い時なのよね」と先輩ママからアドバイスを貰うこともあるでしょう。毎日育児にてんてこ舞いになっているママとしては「今?本当?」と思ってしまうかもしれません。



なんてかわいいの!

愛する我が子が生まれ、寝返りが出来るようになったりおすわりが上手になったり、コロンと寝転んでニコニコしているだけで本当にかわいい!と過ごして来たママやパパも多いでしょう。まだ泣き声もか細くて、ミルクでお腹いっぱいになるとスヤスヤお昼寝してくれる赤ちゃん。本当に一番かわいい!と毎日同じ様な写真を大量にとってしまったりしますねよ。

もちろん育児に疲れることも。

そんなかわいい我が子でも、毎日一日中一緒にいると疲れてしまう時もあります。頻繁な授乳や寝かせつけ、理由の分からないぐずりや夜泣き。成長と共に楽になることもありますが、悩みもまた変化し、より育児疲れやイライラも多くなるかもしれません。

代表的な子供の悩みにイヤイヤ期があります。毎日「イヤイヤ」、何しても「やだやだ」。外でも構わずひっくり返って泣き出したり、時間がないときに限ってママの思うように動いてくれない。好奇心旺盛な行動力にも目が離せず毎日ハラハラ。1日が終わる頃にはママもぐったりです。「かわいいね、かわいいね」と写真を撮る余裕もなかったり、抱きしめる間すらない日もあります。「赤ん坊の時は可愛かったぁ」とか「もっと大きくなったら一緒にお出かけを楽しんだり出来るかなぁ」など考えたりもしますね。

子供の成長。

その時期をなんとか乗り切ったと感じる頃には、子供は想像以上に成長していうるものです。幼稚園や近所のお友達とすでに自分の世界を持っていて、「お母さんと遊ぶよりお友達と遊びたい」と言われたりして..。ママとしては楽になる反面、ちょっと寂しくなってしまいますよね。そして離れていった子供は元の ”ママが全て” な赤ちゃんには戻りません。

写真で振り合えると。

そんな時に過去の写真やビデオを見返してみると「こんなに小さかったんだ!こんなに可愛かったんだ!」と改めて感じ、イヤイヤ言うまだまだ小さな我が子に怒ってばかりいたことや、もっと抱きしめ甘やかさなかったことを後悔するかもしれません。あんなに大変だと思っていたはずなのに、イヤイヤ言って困らせている態度すら愛おしく見え、その時思っていたより実際の我が子はまだまだ幼くワガママ言っていても当たり前だったのだ、とすら感じるのではないでしょうか。

写真で振り合えると。

家事や育児に追われ、生活していくだけで精一杯の中、見落としていた可愛さがあったのかもしれない、十分に育児を楽しめたのだろうか、と考えてしまうママもいると思います。でも仕方ないのです。ママも毎日一生懸命なのですから。でももし、過去の育児をもっと楽しめばよかったと少しでも後悔しているママやパパがいたら、今、目の前のお子さんを目一杯可愛がり今の瞬間を十分に楽しんでください。1年後には同じように「この子もこんなに小さかったんだ!」と懐かしく思う瞬間なのですから。

そして、育児に大変そうにしている後輩ママに会ったら、つい言ってしまうかもしれませんね。「大変よね。でも大変な時が一番可愛い時なのよ」と。

こんな記事も読まれています