子供の熱中症予防&対策方法まとめ。命の危険も!

1,257 views

これから、どんどん気温が上がってくる中、子供でも大人でも気をつけてほしい熱中症

少しのガマンが命に関わるような重症になることもあります

つらい、悲しい思いをしないためにも、特に小さな子供たちには予防を心がけてください



絶対に軽く考えないでください!

自分たちが子供のころにはあまり聞かなかった熱中症という言葉
最近は全ての環境も変化し、気温も上がり、頻繁に耳にするようになりました
自分自身もわが子にも気をつけているつもりでも、気がつけば重症になっていることがあります
少し大げさかも?と思うぐらいに気を配ってください

どうすれば予防できるのか

もちろん、暑い中にいるよりは涼しい所の方が良いでしょう
しかしエアコンのきいた部屋にいても、水分を上手に取らなければ予防にはなりません
人は常に発汗しているため、日々の体調も整えた上で体内の水分補給に「塩分と水分」をバランスよく取りましょう
この時、糖分が多すぎると、血液がドロドロになってしまい、血流が悪くなるので、スポーツドリンクの取り方も気を付けてください
すぐに補給したい場合にはイオンを含んだ物を取ると吸収が早くなります

いつも子供の様子をよくみて対処してください

極端に汗をかきだしたり、立ちくらみがする時は軽い症状なので、涼しい所で、水分を取らせて、体を冷やしてあげましょう
頭痛や吐き気などがでてきたら、軽い症状と同じように対処しますが、回復の様子がなければ病院へ行ってください
立っていることもつらいぐらいの倦怠感や寒気などがあるときには急いで救急車をよんでください

熱中症になったらどうなるの?

病院に運ばれたら、まず水分補給のために点滴がうたれると思います
熱中症になると体内の水分不足で脱水状態となり、体温が上がります
脱水症のまま放置していると、体はどうにかして体内で水分を作ろうとし、筋肉を溶かし始めます(横紋筋融解症)
解けた筋肉は血液に流れ、重症の場合は腎臓に障害をおこし、透析しなければならなくなります

熱中症が回復したあとのケアは?

回復したからといって、急激に運動などをしてはいけません
ゆっくり歩くところから始めましょう
横紋筋融解症が回復した後、筋トレなどをすると、体を作るための鉄分がが不足し、鉄欠乏性貧血になり、さらに回復が遅くなってしまいます
焦らず徐々に体力を戻し、日常生活に復帰していきましょう

こんな記事も読まれています



シェア