生まれたらしばらくできない、産前にしておきたいこと5選

2,710 views

赤ちゃんの誕生を待ち遠しく思う妊娠中。

赤ちゃんとの生活はいとおしくて素晴らしいけれど、やっぱりママの自由は減るもの。

そこで、先輩ママが勧める産前にしておいたほうがいいこと代表5つをご紹介します!



とにかく眠る!

産後は2~3時間おきの授乳との戦い。授乳していないときでもオムツを替えたりあやしたりと、ママはゆっくり眠る暇がありません。隙間をぬって眠ることになるので、ゆったり時間のとれる産前のうちに思いっきり眠っておきましょう。
ただ、ゆっくり寝すぎる日々が続くと昼夜逆転してしまうので注意。
妊娠後期にそんな生活をしていると、生まれてきた赤ちゃんが昼夜逆転したママのリズムで生活するようになってしまうんだとか!
産後の自分のためにも、生活リズムは崩さない程度にしっかり眠りましょう。

ゆったりお風呂に入る

お風呂も産後はなかなか時間がとれないもののひとつ。
とくに産後一ヶ月は細菌感染を防ぐためにママは湯船につかることができません。
産褥期があけても、今度は赤ちゃんとの入浴が始まるので、ママがゆっくりお風呂に入る暇ってなかなかないもの。
とくにお風呂好きのママはしっかり今のうちに楽しんでおいて。

旅行に行く

次にご紹介するのは旅行。
もちろん出産してからもいけるのですが、赤ちゃんのペースで進むことになりますし、大人だけでの旅行とはプランニングがまったく違ってきます。
妊娠中に旅行に行くのは注意が必要なので、安定期のうちに近場でゆったり旅行するのがおススメです。必ずお医者さんの許可をもらってからでかけましょうね。

ゆっくり外食する

また、ゆっくり外食するのも産後はなかなかできなくなることのひとつ。
とくにフレンチなど、静かな雰囲気で楽しむ場所にはなかなか行きづらいもの。
赤ちゃん連れだとベビーカーで入店できるお店や、少し騒いでも気にならないフードコートなどにいく機会が増えてきます。赤ちゃん連れで気兼ねないお店を探すのは意外と大変なもの。
大人な雰囲気のお店は今のうちに楽しんでおきましょう。

映画を観る

最近は赤ちゃんや小さい子供連れでも観れるように企画された上映も行われていますが、まだまだ上映場所や回数が限られています。
また、そういった映画の上映は主に子供むけのもの。
音の大きなアクションやラブストーリーなどが好きな方は、今のうちに大スクリーンで楽しんでおきましょう!

いかがでしたか?
もちろん赤ちゃんが産まれてからも工夫すれば楽しめるものも多いですが、産前のように気兼ねなく行動するのはしばらくお預けになりそうです。
ママ個人の時間をしっかり楽しんで、赤ちゃんとの新しい生活に備えてくださいね!

こんな記事も読まれています